Today is: Tuesday, 21st June 2016
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

“スマホカメラ 切り取られた世界 “

超凄いカメラなんてなくても、スマホカメラで、結構美しい写真を撮ることが出来るんです。スマートフォンにカメラがくっついているからに大変便利ですよね。写真を写したい時、そこにいつだってカメラがあってくれたりします。専門家が見れば、しっかり判別は出来るものの、全然写真にうとい人たちが見れば、iPhoneも一眼レフも全然判らないといいます。もちろん、私もそのうとい方に入る訳です。しかし、みなさん、スマホカメラにちょっとこんなことを意識していただきたいと思います。切り取る部分です。写真というものはですね、枠があり、世界を切り取るということを意味しています。だから大事なのは、私達がどう世界を切り取るかということです。決して、それは、広い世界ではないので、その時、よけいな世界は、そこにいれないようにしていただきたい。 そして、スマホ写真術は、ズーム出来ないことを逆手に利用することです。ズームだけがカメラの特権ではありませんし。

auとソフトバンクの2年縛り「なし」プラン、従来より高額…国の値下げ施策で料金増か

auとソフトバンクの2年縛り「なし」プラン、従来より高額…国の値下げ施策で料金増か・・。総務省がキャリアに対し要請していたのは、先のタスクフォースとは別にあります。ICTサービス安心・安全研究会では2年縛りの問題に関する議論も進められており、昨年7月には改善要請も出ているのです。改めて2年縛りについて確認してみましょう。これは2年間の契約を前提として、通信料などを大幅に割引く仕組みです。一方で、2年未満で解除すると高額な解除料を支払う必要があること、そして2年経過後に“縛り”の影響を受けることなく解除できる期間が1カ月と短いことなどが、ユーザーの不満を従来から高めていたのです。そのなかでも総務省側が問題視していたのは後者であり、2年経過後も解約しづらく、長期的にユーザーが縛られることで競争が進まなくなるというのが、その大きな理由となっています。ですがそうした批判があってもなお、ソフトバンク、au共に料金プランを変えようという動きはみせていません。その理由は、「2年契約プラン」や「新2年契約」が、もともと総務省の要請に応えるために設けた実効性の低いものであって、ユーザーに契約してもらわなくても大きな影響が出るわけではないととらえているからでしょう。両キャリアは共に現状のビジネスを維持したいと考えているのは明白で、ユーザーには従来の料金プランを契約してほしいというのが本心なのです。

スマホ充電をおすそわけできる!

スマホを使用して困ることと言えば、やはり充電ではないでしょうか。
スマホをずっと使用をしていると、充電はすぐなくなってしまうものです。
特に動画なんかを見ていると、スマホの充電の減りもすごく早いです。
しかし、そうなった時に充電がなくなり、本当に困る事もあります。

連絡をしなくてはいけない場合は、充電をどうしようと思わず考えてしまいます。
そういう経験は何度もあります。
しかし、そんな時にすごく役に立つものがあります。

それは、「電力おすそわケーブル」です。
その名前の通り、友達のスマホから充電を分けてもらうことができるケーブルなのです。
もちろん、自分のスマホやタブレットからでも電力を分けることができるので、かなり活用ができるものだと思います。
もしもの時のことを考えると、非常に良いものとなっていますね!

スマホの充電もなくなれば、困ることとなってしまいます。
もしも連絡をしなくてはいけない状況の時は、助けてもらうことができたり、助けることができます。
このケーブルはかなり活用する価値がありそうですね!
ケーブルを活用をして、これからも便利にスマホを使っていきたいと思いますね。

とってもスタイリッシュ!

活動量計と聞くと、ゴツい腕時計のようなイメージを持ってしまうんですが、MISFITの新活動量計「RAY」はすっごくスタイリッシュでカッコいいんです。ブレスレットのような印象で、バンド部分はカーボンタイプかレザータイプ。本体部分は時計のような丸かったり長方形ではなくて、細長い円筒形で一見すると何だか全くわかりません^^液晶画面は見えなくて、あったとしたら蓋で隠されているんでしょうか。。

なので、活動量計と言われてもどこでどうやって計測したものを確認できるのか・・それは私が見た記事ではわかりませんでした^^

スマホと連動させて使うスマートウォッチと一緒に腕に着けても良し、足に着けても、首からぶら下げる・・なんていうこともできちゃうそうです。本体部分の色は黒とローズ。ローズカラーって今流行りなんですかね。iPhoneもGalaxyも、新機種にはローズカラーが出ていますからね~。

スマホのデザインは今後あまり変わることは無さそうですが、このようなウェアラブル端末はさらにスタイリッシュになったりかわいくなったり、あるいは小さくなったりと、変化していきそうですよね。同じ用途のものでも、人と違うデザインやカラーがやっぱり良いですからね~♪

スマホの機能を利用して資格取得を!

数年前から、資格に注目する人が多くなってきています。
やはり、資格を持つことで、仕事に活用をしていけるということから資格取得を考える人も多くなっています。
資格を取得しておけば、将来使用ができるのでいいものですよね。
学歴がなくても、頑張る次第では、資格を取得して就職も可能となっています。

今人気となっている資格なのですが、その資格のアプリがたくさん出てきています。
スマホが広がっている中で、資格アプリが注目されています。
スマホ機能として活用をしている方も多いのではないでしょうか?

やはり、資格の勉強といっても、勉強が苦手な人にとっては苦痛な事も多いでしょう。
しかし、アプリを使う事でゲーム感覚で学ぶことができるので非常に楽しいものです。
難しい資格も、アプリを活用することで、少しでも資格取得に繋がる可能性もあります。
今資格に挑戦をしてみようと思っている方は、活用をしてみるといいかもしれませんね!
せっかくスマホを持っているのであれば、色々な部分で活用ができるとううですよ。
スマホアプリも試してみると楽しいかもしれません。
今から資格を取得する予定の方も、ちょっと試してみるといいですよ。

USBメモリーなのに、iPhoneスマホにも接続できる商品とは!?

パソコンのデータを持ち出す時に、今でもかなり使われているのがUSBメモリです。

かなり前からある商品ですが、形は変わらずとも容量や性能を変えつつ現在も使われている根強い商品です。

とはいえ、一度手に入れて仕舞えばよっぽどのことがない限り買い換える機会もない製品で、今ある現状の商品で十分という人が多いのではないでしょうか。

さて、そんなUSBがさらに便利になった製品があります。

それが、「LMF-LGU3GWH」です。

両端にiPhoneに接続できる端子とパソコン用のUSB端子を搭載していて、USBg側に付属の辺あかんアダプタを接続するとアンドロイドでも使えます。

特にiPhoneはAndroidと違って、microSDカードなどで容量を増やすことができないので、簡単に接続できてデータのやり取りができる外部メモリーは大変嬉しいですよね。

データのやり取りが何よりかんたんなのが嬉しいところ。これで、様々な機器にデータをやり取りするのも楽チンになって、編集や様々なことをするのもストレスが減りそうです。

こういった痒い所に手が届く商品は、大きな驚きはないものの、本当に使う側にとっては便利です。今後もこういった商品がどんどん出てきてくれると嬉しいですね。

” スマホ充電 意識するが全然対処しない人たち “

スマートフォンを快適に利用するために、スマホ充電問題をしっかり意識するというのは大事なことです。しっかり意識をすれば何かが変わってくるかもしれません。スマホ充電を意識をしているものの、何も工夫一つせずに、減りが早いとただ嘆いている人たちもいるかもしれません。

スマートフォン充電問題を解消するために、 画面を明るさに気を付けるとことまで私達は、配慮しなければならないのです。画面が明るければ明るいほどスマホバッテリーの消費が全然激しくなります。ワット数を上げるとより暖かくなりますが消費する量も大きいということをみなさんは、既に電気ストーブなどから体験しているはずです。

でも、いつも画面が暗いではやりにくい、不快ということもあるかもしれませんので、ケースバイケースで画面を暗くするというのも一つの方法ではないでしょうか。

仕事でスマホを使うという時には、画面なんて全然暗くて構わない訳ですが…、ゲームの時はがんがんに明るくして。

メタルボディースマホ「HUAWEI GR5」

ハードウェア面では背面に指紋センサーを搭載しています。セキュリティーの面でも生体認証の安心感があるとともに、センサーを指で触れるだけでロックが解除出来る使い勝手の良さもGR5の魅力のひとつです。すぐにメールやSNSの返信をしたいときのPIN入力やパスコード入力は煩わしいものです。そういった意味で、この価格帯のスマートフォンに指紋センサーが搭載されていることはコストパフォーマンスが高いといえるでしょう。この指紋センサーはロック解除以外に、カメラのシャッターボタンやホームキーの代わりに使えるなど、カスタマイズメニューで自分の使い勝手のいいように設定変更が可能です。ファーウェイ独自のホームUI「EMUI3.1」を搭載しています。ソフトウェア面では、ファーウェイ独自のホームUI「EMUI3.1」を搭載しています。このホームUIの特徴は、多くのホームUIにあるアプリドロワー画面がないシンプルな画面スタイです。ホーム画面がアプリで溢れてしまわないよう、フォルダーで管理することもできます。もちろん、検索や天気などのウィジェットの設置も可能となっています。Android OSは、5.1.1を搭載していますが、タスク切り替え画面がEMUI3.1独自のものとなっており、ここだけが”今風”のデザインになっていないように感じました。

3GB/月の高速通信を使える格安SIMを比較

多くの格安SIMサービスが2GB/月のプランを3GB/月に増量し、一気に主流のプランとなりつつあります。データ専用SIMなら、月額料金は「900円」というのがいわば基準のようになっています。中には800円代というところもあります。同じような料金でも、各社のサービスをじっくり比べてみると、それぞれプラン内容が微妙に違っていたり、機能が違ったりしてなかなか面白いです。以下に、プラン紹介と合わせて比較のポイントを記載したので参考にしましょう。音声もネットもお得に使える、楽天のSIMカードです。楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズが運営するMVNOのモバイル通信サービスです。通話SIM・データSIMの両方があって、選べるプランはそれぞれ、高速通信容量なしで料金を抑えた「ベーシックプラン」を始めとした4種類です。機能的にも有名プロバイダのサービスに比べて遜色無いレベルに仕上がっているのが特徴です。「楽天スーパーポイント」がもらえるなどお得なキャンペーンが充実しているのも魅力ですね。「3.1GBパック」の安さがうれしい。その名の通り高速通信が3.1GB/月まで使える。他社よりもちょっとだけ多いのがポイントです。当初は音声通話SIMしか無かったのですが、2015年3月にデータSIMも追加されたので、メールやLINE等をメインに活用しているなどで090/080の電話番号が不要な方はそちらを選びましょう。通信費をぐっと抑えることができます。

スマホの機能を持った人型ロボットがシャープから発売!

スマートフォンといえば、どんな形を思い浮かべますか?

当然長方形の角が丸まった形ではないでしょうか。

いろいろな会社が様々なスマホを出していますが、大きさや厚みは様々あるものの、形は同じです。

さて、そんなスマホに大きな変化が起こり始めています。今月4月14日シャープが人型ロボットのポケットに入るスマホの発売を発表しました。発売自体は来月だそうですがどのようなロボットなのでしょうか。

まず気になる価格ですが税抜き19万8000円です。すでに予約が受け付けられています。

可愛らしい顔をしたロボットでおでこについたプロエクターで画像も投影できます。

スマホですので、ネット検索やメール、通話もできます。人工知能を搭載していて、持ち主の好みを覚えられます。友達のように会話ができるそうですよ。

世界初ということでかなり注目も集まっています。スマホですので、本体代金の他に月額の基本料金もかかります。

金額的には高いですが、これからこのロボットを足がかに、さらに進化をしていくことを期待しましょう。まずは実際に本物を見てみたいですね。