Today is: Sunday, 12th November 2017
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

iPhoneの売れ行きは??

docomoの新しいプラン、docomo withがとても好調のようですね。ブルゾンちえみが出演するコマーシャルも注目でしたし、その後彼女を真似した高畑充希のバージョンもネットで話題になっていました。

実際、docomo withの対象機種になっているのはギャラクシーとアローズでしたっけ?売上も順調とのこと。ただ、iPhoneにはまだまだ及ばないようです。

が、今度発売されるiPhoneは10万円台とか11万円台とか言われていますよね。以前ほどの端末購入補助金つかなくなっていること、そしてdocomo withやauのピタッとプランにしてもiPhoneは対象機種にならないことから、他の端末との価格差が非常に大きくなる可能性が高くなってきました。

考えようによっては、ソニーや京セラなど生き残っている日本のメーカーのスマホが日の目を見ることにはなりますよね。iPhoneだけが突出して売れている日本の市場を変えることもできるかもしれません。そう思えば・・良いのかなぁ^^

http://www.galaxymobile.jp/discover/hint/docomo-smartphone-recommend/

ソニーのXperia XA1 Plusが気になる!

スマホ関連記事欄を見ていて、ソニーから発表されていた新機種、「Xperia XA1 Plus」に目が止まりました。

ソニーからもプラス、というシリーズが出ていたんですね。今回発表されたXperia XA1 Plusというのは、フラッグシップモデルのXperia XZ1、Xperia XZ1 Compactとは一線を画すもの。なぜプラス、と付いているのかは謎のままでしたが、ある記事では単なるミドルレンジではなくて、スーパーミドルレンジと書かれていたんですよね^^これって、フラッグシップモデルに限りなく近い高性能スマホ、ということなんですかね。というのも、指紋センサーを搭載しているんだそうです。

他にも贅沢な仕様になっているみたいで、かなり高評価でしたね。しかし、日本ではプラスシリーズの発売が今まで無かったそうなんです。なので今回も発売されるのかはまだわかっていません。

でも、MVNOなどでも高品質で低価格のスマホが発売され始めていますからね~。ソニーも日本市場投入を考えているのではないでしょうか^^

そういうことか!

Googleがから販売されるスマホの新機種、Pixel 2とPixel 2 XLが日本では販売されない、ということが明らかになったそうですね。これを受けて非常に困惑している人たちがいる、とあるネットニュースで取り上げられていました。

それはアプリ開発者たち。日本ではGoogleオリジナルスマホとして2010年からNexusが販売されていたものの、このシリーズは2015年に無くなり、Pixelへと変わったとのこと。しかしPixelシリーズは日本では発売にならなかったので、Nexusを継続して使うしかない。。ところが、OSアップデート保証期限は先月終了したため、Androidの最新バージョンを試す機会を日本在住アプリ開発者は失ったというわけです。次期バージョンのプレビュー版とやらのテストもできない、と。。

これってGoogleの嫌がらせなのか^^それとも日本にそれほど関心を持っていないのか^^よくわかりませんが、なぜ日本で販売されていないスマホが秋葉原などで売られ、実際に買っている人がいるのか、という謎はここで解けました^^

機能じゃなさそうです^^

約27万円のスマホの新機種が発売されるそうですよ~。これ、あのランボルギーニから出ているんですって。イタリアのスマホ・・きっと見た目は超カッコイイけど故障も多そうです^^お金持ちの人達はスマホはアクセサリーのようなものなので、2つ3つ持っていてもおかしくはありません。この27万円のスマホが故障したとしても、なんの不都合も無いでしょう。

ちなみにですが、このスマホの名称は「Alpha-One」。一応、「「史上最高のラグジュアリーなテクノロジー」が詰め込まれている」そうですが、テクノロジーではなくてフレームやケース、そしてデザインがラグジュアリーと理解していたほうが良さそうです。

だって基本スペックは、ディスプレイは5.5インチWQHD、2560×1440、Snapdragon 820、Android N搭載、メインカメラが20メガピクセル、インカメラは8メガピクセル、指紋認証機能搭載とのこと。

そして日本での販売予定は・・まだ無いようですね。。欲しいですか?^^

カッパーゴールドって??

ドコモ、au、そしてソフトバンクでも新機種としてこの秋にも登場すると言われているiPhone 8。具体的な内容が流出してきているようですね。

iPhone 8のカラーは3色、または4色と言われていて、新しくカッパーゴールドという色が展開されるとか。カッパー??日本人はどうしてもあの河童を想像してしまいますよね^^

調べて見ると、銅の色なんだそうです。金ではなくて銅。あれ?ランクが落ちてしまったように感じるのは私だけでしょうか^^けど、紹介されていた記事ではカッコイイ!と断言されていました。そのカラーのiPhone 8の画像も出ていたんですが、確かに銅の色です。これ、カッコイイのか?と思いましたが、長年のiPhoneファンの方たちからすれば、目新しさもあってきっと素敵に思えるんでしょうね^^

また、8では「ガラス製筐体を採用する」と言われています。「無線充電機能の搭載が噂されています。」とのこと。これも楽しみにしているファンの方が多いのでしょうね。

製品の不具合によるものが8割

スマホのバッテリー発火時の映像がテレビでも紹介されていましたね。かなり衝撃的でしたが、本当に怖いです。もし、ポケットに入れていたら、通話中だったら・・と考えるとさらに恐ろしいですよね。

昨年、サムスンのギャラクシーノート7が世界中で発火事故を起こし、回収されたわけですが、ギャラクシーだけではなくて他のメーカーのバッテリーも発火している事故が数々起きていると。その数、昨年までの5年間で274件あったそうです。これは報告されている数なので、もしかしたらそれ以上の事故が実際には起きている可能性も高いということですよね。

発火の原因は「製品の不具合によるものが8割を占める」とのこと。私たち一般人はバッテリーに不具合があるかなんてこと、全く知る由もありませんからね。ネットなどで、自分が使っているスマホに不具合が発見されていないか、調べることも必要なのかもしれません。

メーカーからの発表を待つだけではなくて、自分の身は自分で守らないといけない、という考えを持っていることが懸命だと思いますね。

ドコモ、ハイスピードIGZO搭載のフラッグシップ機「AQUOS R」を7月発売

NTTドコモは2017年夏のビジネス向けにも対応した新モデルとして、Androidスマートフォン「AQUOS R SH-03J」(シャープ製)を発表しています。7月発売予定で、端末価格は、MNPが1万円台半ば、新規契約・機種変更が3万円台前半(月々サポート適用時)となります。AQUOS R SH-03Jは、「High Response(高い操作性・パフォーマンス)」「Rearity(臨場感)」、「Reliability(安心)」、「Robotics(人工知能がサポート)」の4つの「R」を冠したAQUOSシリーズのフラッグシップモデルです。リフレッシュレート120Hzの液晶ディスプレイ「ハイスピードIGZO」の優れた描画性能と、タッチ操作時の反応速度(前モデルより1.5倍高速化)により、スムーズな操作感(High Response)を実現しています。ディスプレイ解像度は2,560×1,440ドットで、液晶テレビAQUOSで培った技術を盛り込み美麗な映像表示を実現。HDR動画再生に対応するほか、HDR以外の動画コンテンツもHDRのような臨場感(Rearity)のある映像で楽しめるバーチャルHDR機能も搭載しています。低消費電力のIGZO液晶を採用し長時間のバッテリ駆動が可能です。それに加えて、省エネモードも搭載し、充電を気にすることなく安心(Reliability)して利用できるということです。また、発売から2年間は最新Android OSへのバージョンアップを保証するということです。人工知能「エモパー」もより進化し、ユーザーの行動や習慣を学習して、適切なToDoを提案してくれるという(Robotics)ことです。また、カメラ機能も進化し、メインカメラは約2,260万画素のCMOSを搭載。画角90度、F値1.9の明るいレンズを採用するほか、光学式手ブレ補正と電子式手ブレ補正機能も両搭載し切り替えて使用できます。

ドコモのおすすめスマホ「Galaxy Feel SC-04J」の特徴

スマートフォンは日本語に訳すと「賢い電話」という意味になりますが、ただ賢いだけではなく便利ですし様々なシーンで活躍してくれる都合がいいアイテムと言えますね。
また、ガラケーと違ってタッチパネルに触れるだけで操作できますので、指が疲れることは減りますし指を動かしにくい人でも操作しやすいので誰が使用しても楽しめると思います。
今でも十分に活躍してくれるスマートフォンですが、これからもっと進化して素晴らしいアイテムになっていくでしょう。
そんなスマートフォンの一つに「Galaxy Feel SC-04J」というドコモのおすすめスマホがあります。
このドコモのおすすめスマホにはカラーバリエーションがムーンホワイト、オパールピンク、インディゴブラックの3色が用意されています。
約4.7インチの大型ディスプレイを搭載しているのに幅約67ミリ、厚さが約8.3ミリというスリム設計を実現させています。
だから、手が小さい人でも操作しやすいですし、ポケットに入れても気にすることなく持ち歩けるから良いですね。
カメラは約1,600万画素のアウトカメラと約500万画素のインカメラを搭載しています。
こうしたドコモのおすすめスマホには3,000mAhの大容量バッテリーが搭載されていますので電池切れの心配もないと思います。スマートフォン製品ラインアップ

スマートフォンの所有率が高くなっています

若い子がスマートフォンを持つなんていうのも普通に時代になってきました。
小学生でもスマートフォンを持っているような感じですから本当にすごいものです。
そんなスマートフォンの所有率はこんな所にも変化が出てきたようです。
それはシニアの方ですね。
今ではシニアの方がスマートフォンを持つ所有率がなんと48%にもなる事が分かりました。
シニアの方でもかなりの数の人がスマートフォンを持っている事になります。
また、シニア向けのスマートフォンが登場しているためそういった影響あるのかなと思いました。
スマホを持っていることでシニアの方は連絡が取りやすくなるんなんて所があります。
今では核家族が多くなっている中できちんと連絡が取りやすい状況になるのはいい事です。
スマホを持っている事で、連絡を取ろうという考えにもなりますからね。
シニアが所有率がこれほども高くなっているのはいい事だなと実感しました。
これからもどんどんシニアの方が持って便利になっていけばいいですね。
おじいちゃんやおばあちゃんとすぐに連絡が取れるというのも孫としては嬉しかったりするものです。
スマホをシニアの方が持てるという状況は良くなっているなと感じましたね。

“タブレットでのお絵描きもはかどる! なめらかな書き心地の超極細2Wayタッチペン

スマホ、タブレットを手書きメモ感覚で使えるスタイラスペンです。便利な反面、今やタイプやカラーバリエーションが豊富なため、どれを選べば良いのかかえって困ってしまうことも。『超極細1.4mm&金属メッシュの2Wayスタイラスペン』はその名の通り、片方が1.4ミリメートルと金属製の超極細ペン先が特徴です。それでいて引っ掛かりのない滑らかな書き心地となっているのです。静電気を感知させて操作する仕組みのスマホやタブレットにぴったりなタッチペンなのです。だから画面に軽く触れるだけで精密なイラストが描けるほか、小さな文字へのタッチもOK。素早い操作が必須のゲームも楽々プレイできるので、いつもより高スコアが出ちゃうかもしれません。おまけにペン先の反対部分は金属製のメッシュになっており、使う用途に合わせて、ペン先かメッシュ部分を使い分けることができます。使い方は、電源スイッチを押すだけという便利さ。また万が一電源を切り忘れても、30分後には自動オフ。おまけに約1時間の充電で、最大12時間使用可能という高パフォーマンスさも見逃せません。そのうえ金属メッシュ部分は電源オフ状態でも使えるので、外出時など電池を節約したい時でも気にならないのがウレシイところです。手袋着用でも、ネイルした手でも気にせずスマホにタッチできるスタイラスペン。ビジネスだけでなく、あらゆるシーンで活躍させてみてはいかがでしょうか。
Galaxy | au タブレット アンドロイド