Today is: Friday, 14th June 2019
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

これは嬉しい!HUAWEI Mate 20 Proの防水機能「IP67」

“HUAWEI Mate 20 Proには、画期的な防水機能とされている「IP67」が搭載されています。
IP67の何が凄いのかというと、それは、IP67であれば「完全な防塵構造、水面下(15cm〜1m)に30分間まで耐えられる仕様になる」ところでしょう。今まで防水機能付きスマートフォンは、何度も開発されてきました。
ですが、スマートフォンはお客様の要望を叶えるために、「コンパクトなフォルムを維持しないといけない」暗黙の了解があり、そのため、破損しやすい、水没すると壊れてしまう・・・これらの問題が積み重なっていたのです。それを克服したものが、HUAWEI Mate 20 ProのIP67です。
今では、インスタグラムに写真を投稿するため、砂浜など海辺の近くで写真撮影をする人が増えてきました。そのため、HUAWEI Mate 20 Proは、防水機能の高さも評価され人気が高くなっています。”

一風変わったハイエンドモデル「motorola moto z3 play」

“motorola moto z3 playは、2018年10月発売のmoto zシリーズの最新機種です。
moto zシリーズとは、背面にmoto modsという別売りアクセサリを取り付けることが可能で、一風変わったスマートフォンとして案内されることが良くあります。ですが、これは見た目だけの変化ではありません。
motorola moto z3 playは、アクセサリを装着させることによって、様々な機能を拡張できるスマートフォンなのです。一般的なスマートフォンの変化というと、アプリをインストールすることによって、多機能化が進むという考え方が多く、今では定着しています。
しかしmotorola moto z3 playの場合、「ポラロイドカメラ」、「ゲームパッド」、「プロジェクター」などの多機能化も可能となっており、これはmoto zシリーズにしかない拡張機能なのです。そのため、他では真似できないハイエンドモデルを探している人にも、motorola moto z3 playはオススメできます。”

GALAXY S10は写真でも認証されてしまう?

S10は「顔認証」機能がついていれば安心!といったイメージを持っている方も多いのですが、実は写真でもロックが解除できてしまうといった問題もあります。GALAXY S10は認証スピードが速く、スムーズなのですがセキュリティーの面からすると少し物足りないかなといった口コミも寄せられています。こういった場合には、顔認証ではなく指紋認証を主に使うなどの対策をすることが大事です。それでも顔認証機能を使いたい方には、ある程度認証スピードは落ちてしまうかもしれませんが、セキュリティを向上させる方法があります。画面から「設定」アプリを起動して、「生体認証とセキュリティ」を開きます。そこから順に「顔認証」を押して「認証速度の向上」をオフにすれば、セキュリティが向上し、オフにすると、セキュリティの機能が犠牲になる分、認証速度が高まります。こうした設定をすることで、顔認証のセキュリティを向上させるなど対策を立ててみましょう。参照先URL

Android端末でも使用できるキャッシュレス決済

“Android端末でも使用できるキャッシュレス決済の中には、「Android Pay」、そして、Googleから提供されている「Google Pay」があります。
今では、国内でもキャッシュレス化が進んでいるため、「PayPay」、「LINE Pay」のような、有名なキャッシュレス決済が人気を集めています。なにかとお得なサービスと言われていますが、Android Pay、Google Payの場合は、以下のような違いがあるので注意してください。
Android Payは、NFC対応Android端末に対して機能するようになっています。設置している店頭の端末にかざすと、クレジットカードやデビットカードによる支払いが行えるようになります。つまり、Android Payはアプリのみで支払い完了となるものではありません。
Google Payは、Android Payと似ていると言われることもありますが、正確には、Android Pay、そして、Googleウォレットを統合した決済プラットフォームなのです。”

スマートフォンの「DIGNO F」

“うっかり落としても安心な強化ガラスを採用し、水に濡れても安心な防水機能や手袋をつけたままでも操作できる便利なスマートフォンが「DIGNO F」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、ブラック、レッドの3色が用意されており、ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約142ミリ、厚さ約10ミリ、重さ約138gという軽量コンパクトサイズです。
CPUはMSM8916クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは8GBで、バッテリーは2300mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約5インチTFT液晶ディスプレイを搭載し、カメラはオートフォーカスや手ぶれ補正がついた約800万画素のメインカメラと約200万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには誰でも簡単に使える機能や分かりやすく配置されたシンプルなホーム画面が採用されています。”

スマートフォンの「Xperia X Performance SOV33」

“メタルの質感を際立たせるヘアライン加工とサンドブラスト加工が施されており、劣化しにくい大容量バッテリーや広視野角ディスプレイなども搭載しているスマートフォンが「Xperia X Performance SOV33」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの4色が用意されており、ボディサイズは幅約71ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約165gです。
CPUはMSM8996オタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBで、バッテリーは2570mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約5インチトリルミナスディスプレイを採用し、カメラは約2300万画素のメインカメラと約1320万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンはウォークマンのオーディオ技術を結集していますので高音質な音楽を楽しむことができます。”

データの高速通信!高速通信では定番の「AirDroid」

AirDroidとはアプリケーションのことなのですが、無料で利用できるアプリケーションとなっており、しかも高速通信に対応しているのです。
AirDroidの対応OSはAndroid4.0以上となっています。AirDroidの用途ですが、主にAndroidスマートフォンだけでなく、Windows、Macに対しても、高速でファイル交換をする際に役立ってくれます。
AirDroidの凄いところは、マルチプラットフォーム対応になっているところです。そのため、同じWi-Fiに接続している場合、そうではない場合であってもファイル交換を簡単に行うことができます。
利用方法はシンプルで、アプリケーションのインストール、ユーザー登録のみで動作するようになっています。その後は、ファイル送信元、ファイル送信先を選ぶだけで、AirDroidによって高速通信できるようになっているのです。
そのためAirDroidは、ファイル交換アプリで定番のアプリケーションになりました。

電話が繋がらないこともある!?格安SIM携帯ならではのリスク

安くて便利な格安SIM携帯ですが、ほぼすべての格安SIM携帯には以下のようなリスクが付いてきます。
まず、格安SIM携帯は「通信速度が遅くなる時間帯がある」ので注意してください。というのも、格安SIM携帯はキャリアから間借りする形で、インターネット通信で必要となる電波帯域を利用できるだけです。
電波帯域を専有しているわけではないので、その分だけインターネット通信の遅延、酷い場合では通信エラーが起きることもあります。
そして格安SIM携帯は、「壊れた時の補償が充実していない」こともあるのです。壊れた時の補償は、キャリアから販売されているスマートフォンであれば、基本的にすべて補償されるようになっていますし、一時的に利用できる通信機器を用意してくれるなど、様々なサービス、サポートも充実しています。
格安SIM携帯を持つ際は、これらのサービス、サポートも考慮して、購入するかどうかの検討を進めたほうが良いでしょう。https://www.galaxymobile.jp/galaxy-fold/

アップルの新しい「AirPods」の主な機能

アップルの「AirPods」とは、完全ワイヤレスイヤホンのことです。
20日よりオンラインで予約開始となっていますが、アップルの直営店では22日の週から販売されているワイヤレスイヤホンです。AirPodsは、充電ケースとのセットのものが1万7800円、そして、ワイヤレス充電ケースセットの方は2万2800円となっており、ワイヤレス充電ケースのみの価格は8800円となっています。
今までのAirPodsとの大きな違いは、新AirPodsにはH1チップが搭載されているところです。
H1チップが搭載されていることにより、「Hey Siri」と呼び掛けるだけで、音声アシスタントSiriを呼び出せるようになっています。音声アシスタントを上手に利用すると、ハンズフリーのまま曲を変更する、電話をかける、道案内をさせるといった、様々な機能を声だけで呼び出せるようになります。
しかも新AirPodsは、旧AirPodsを購入している人でも、ワイヤレス充電ケース単体を購入することで、継続利用利用することが可能です。

FAQチャットボットを法人企業向けに提供

ドコモから新しいサービスが来月提供されることが発表されたそうです。NTTグループには、AIを活用した「自然対話エンジン」という対話サービスがあるそうなんですが、そのサービスの中に新しくFAQチャットボットの開発が行われ、それを法人企業向けに提供するとのこと。

難しいことはよくわからないのですが、結局はチャットボットがより確度の高い、きちんとした応答をしてくれるようになるサービスになる、ということと理解しました^^

今でもAIを活用したチャットボットはありますが、100%きちんと読み取りができたり、応答が適切であるかはちょっと疑問が残ります。質問に使うユーザーの言葉や文体などもきちんとした文章でなかったり、言葉も間違っていたりしますからね^^読み取る方もなかなか大変でしょうね^^

それにしても、ドコモってスマホだけを扱っているんじゃなく、キャリアのほかにも様々なシステムやサービスも開発、提供していたんですね~。