Today is: Wednesday, 20th April 2022
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

5G対応スマホの「Magic3 5G」とは?

“5Gに使われるミリ波は通信速度を飛躍的に速めてくれますので、5Gに対応しているスマートフォンを使えば4Gスマホでは感じられなかった快適さを感じることができるでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「Magic3 5G」という5Gスマホがあり、AI対応により被写体を自動的に検出して最適な画質に調整してくれる高性能カメラや高精細かつ色鮮やかな画像や動画を再生する高精細大型ディスプレイ、外出先でも長時間の動画視聴を楽しめる大容量バッテリーやサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約79000円でRAM8GB/256GBモデルが約86000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約202gといった片手でも扱いやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはゴールド、ホワイト、ブルー、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2772×1344でアスペクト比18.7:9の約6.76インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電に対応している4600mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズとソニー製センサーがついた約5000万画素+モノクロ撮影ができる約6400万画素+超広角レンズがついた約1300万画素のトリプルアウトカメラと、F値1.8の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Magic UI 5.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや防水防塵(IP54)などがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「ZTE Libero 5G II」とは?

“5Gを活用することによってスポーツ観戦を多角化させることができますので、迫力ある映像で好きなスポーツを体感しながら楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは使いやすさを重視したものもあれば高性能重視したスマホもありますが、その中の一つに「ZTE Libero 5G II」という5Gスマホがあり、長時間のお出かけでも安心して使える大容量バッテリーや誰でもかんたん操作でキレイな写真が撮れる高性能カメラ、高速通信や高度な画像処理を実現した高性能CPUや迫力ある映像で楽しめる高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約78ミリ、高さ約169ミリ、厚さ約8.8ミリ、重さ約200gといった薄さと軽さがダイレクトに伝わる薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはピンク、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはDragontrail glassを採用して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチTFT液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している3700mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは64GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約1600万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、AIオート、ProPix2、ナイトモード、背景ぼかし、ARCore、超広角撮影、望遠撮影、スローモーション撮影、ビューティーモード、ハイブリッド光学ズーム、光学式手ぶれ補正などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でサイド指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IPX5、IPX7/IP5X)やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Nokia G50」とは?

“5Gスマホは低遅延ですのでライブで様々なことを楽しむことができますし、映像を遅れなく映し出すことができますのでライブ防犯カメラにもなると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンはローエンドクラスからハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「Nokia G50」という5Gスマホがあり、昼でも夜でも鮮やかに撮影できる高性能カメラや一日しっかり使える大容量バッテリー、負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUやどの角度からでも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約3万円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約173ミリ、厚さ約8.8ミリ、重さ約220gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはオーシャンブルーとミッドナイトサンの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.8インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 480 5G SM4350 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBモデルがあり、内蔵ストレージは64GBモデルと128GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、オートフォーカス、電子式手ぶれ補正、ハイブリッド光学ズーム、スローモーション撮影、スーパーナイトモード、ビューティーモード、デュアルトーンLEDフラッシュ、パノラマモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

3万円以上の値引きもある「Huawei Nova 3」

“ミドルレンジモデルの中でもハイエンドに近いスマートフォンで、しかも安いものを探しているのであれば、「Huawei Nova 3」の購入を検討されるとよいでしょう。
というのもHuawei Nova 3は、そもそもハイエンドに近いスマートフォンとして脚光を浴びるようになった背景があるからで、元々の価格についてもHuawei Nova 3は約55,000円と、ミドルレンジモデルの中でも高価でした。しかし今では型落ちスマホとして再度脚光を浴びるようになった・・・背景があり、そのため、コストパフォーマンスで選ばれるスマートフォンランキングでも、Huawei Nova 3は上位にランクインしている実績があります。
型落ちスマホの補足となりますが、Huawei Nova 3はキャンペーン対象商品になりやすい特徴もあるため、安いオンラインストアでは12,800円で売られていた実績まであるのです。
Huawei Nova 3の特徴ですが、「ミドルハイエンドのnovaシリーズ最新モデル」となります。他のスマートフォンメーカーであれば、Huawei Nova 3をハイエンドモデルとして販売していたことでしょう。それほどまでにハイスペックスマートフォンなHuawei Nova 3ですが、SoC(CPU、GPU、チップセットのこと)に「Kirin970を採用している」ことで世界的に注目されました。
これのなにがすごいのか・・・というと、それは、「900番台(最新のもの)」が採用されているところです。スマートフォンの中でもミドルレンジモデルは、どこかに欠点のあるモデルとして認知されており、特にSoCにはあまり力を入れていない傾向にあります。
しかしHuawei Nova 3は、高精細なゲーム、マルチタスク、高度なデータ処理であってもストレスなく処理できるパフォーマンスを持ち、しかも価格が2万円を切ることもあるほどの大盤振る舞いがなされたモデルなのです。これほどのハイスペックスマートフォンのため、Huawei Nova 3はスマートフォンランキングで上位入りしていることが珍しくないモデルとなりました。
その他の特徴ですが、Huawei Nova 3は「nova lite 3は3GB、Huawei Nova 3は4GB」のメモリが採用されているため、最新の3Dゲームであってもサクサク動くようになっています。そのためHuawei Nova 3は、死角のないハイスペックスマートフォンとして認知されており、これは発売の2019年からなにも変わっていません。
ただあまりにも優秀なスマートフォンのため、Huawei Nova 3は売り切れている状況がずっと続いている特徴もあります。”

格安Simはデータ通信量で料金が違う!1ヶ月にどれくらいのデータ通信量が必要なの?

“Simフリーや格安スマホに変更したいという人は多いでしょう。
Simフリーを利用する上で注意して起きたいのが、データ容量です。
自分が1ヶ月に使用するデータ容量はいったいどれくらいか、皆さんは知っていますか?
使用するデータ量に関しては、毎月どの程度スマホを使用するか?によって変わってきます。
ここではデータ容量についてまとめてみましょう。
スマホで使用するデータ通信量は年々増えていると言われています。
容量が少ないプランを契約している場合、たくさん通信してしまうと月末に通信制限がかかってしまう…なんて経験はありませんか?
スマホで使用できるデータ通信量に関しては、毎月契約しているプランによって上限が異なります。
Simや格安スマホの場合は、3GB、7GBなど自分の使いたい通信量を設定することができるのです。
そのため、自分がどれくらいの容量を毎月使っているのか?についてはきちんと把握する必要があります。
まずは通信量1GBでどれくらいのことができるのか?についてまとめてみましょう。
・Webサイトの閲覧
Webサイト1ページに対するデータ通信量は1.8MBで、1GBの容量であれば1日20ページほどの閲覧が可能です。
頻繁にWebサイトを見る人、検索をよくする人などはすぐに1GB消費してしまうでしょう。
・SNS(インスタグラム)の閲覧
SNSの閲覧は5分間利用すると、50~100MBのデータ容量を消費してしまいます。
思った以上に容量を消費するんですよね。
特にSNSの中でもデータ通信量が多いのがインスタグラムになります。
文字がメインのTwitterであればデータ消費量は少なくてすみますが、動画などを閲覧すると消費量も多くなるでしょう。
インスタを見た場合、1Gで50~100分見ることが可能です。
1日に換算すると1分半~3分程度になるので、SNSを頻繁に使うユーザーであれば1GBでは全然足りないと感じてしまうでしょう。
・マップ検索
Googleマップなどのマップの経路検索は、1回の検索で約1MBの容量を消費します。
1GBあれば、1ヶ月で約1,00回の経路検索ができるので、1日に換算すると30回以上となるでしょう。
・メールの送受信
メールは文字だけであれば5KB、PDFファイルを添付している場合でも約500KBです。
メールの送受信だけで考えると1GBあれば約2,000通の送受信が可能なので、1GBでも十分ですね。
・LINE
LINEのトークでは送受信に2KBかかります。
1GB消費するには50万回LINEのやり取りができるので、1日平均16667回もやり取りができちゃいます。
このデータからも分かるようにLINEのトークのやり取りではそれほどデータ通信量を消費していません。
そのため、通信制限がかかった後でもLINEのやり取りに関しては特に問題はないでしょう。
一方、LINEの音声通話に関しては1時間で18MBの通信量が必要になるので、1GBであれば55時間半の通話ができます。
1日平均1時間51分の通話ができますよ。
ただビデオ通話にすると通信量も多くなるので、1GBで3時間18分の通話となります。
1日だいたい6分半程度の通話ができるでしょう。
・動画閲覧
YouTubeでの動画閲覧は10分間で40MB程度の通信量が必要です。
1GBだと1日8分程度しか見れないので、動画閲覧を頻繁にするユーザーにとっては少ないでしょう。
YouTubeを見る際にはWi-Fi環境下で見るなどデータ消費をしないように気を付けないといけませんね。
・音楽ストリーミング
音楽のストリーミングは1曲あたり約4MBの通信量が必要となるので、1GBであれば約250曲の視聴が可能です。
よく曲を聴く人であれば1GBでは物足りないと感じてしまうかもしれませんね。
このようにスマホで何をするか?によって使用する通信量は変わってきます。
ちなみにデータ量の消費は、モバイルデータ通信を利用した時だけなので、Wi-Fiをうまく活用することでデータ通信量はおさえることができますよ。
自分が1ヶ月にどれくらいの通信量を使うのか?を把握することで、Simフリーや格安スマホのプランを決めやすくなります。
“TOKYO2020開幕東京2020オリンピックのワールドワイド公式パートナーサムスン電子公式ページ

OPPOのハイエンドモデルで人気のもの3選

“OPPOのスマートフォンの中でも、ハイエンドモデルで売れ筋のスマートフォンのみをピックアップしました。
売れ筋のスマートフォンその1は、「OPPO Find X2 Pro 5G CPH2025」です。こちらは5G対応スマートフォンとして人気なのですが、OPPOの場合は、5G対応フラッグシップモデルとして販売されているため、他のハイエンドモデルより人気を集めることに成功しました。
ただOPPO Find X2 Pro 5G CPH2025は、SIMフリースマホとして使用する場合に、「海外で端末を購入する必要がある」ので注意してください。ただしOPPO Find X2 Pro 5G CPH2025は、他の5G対応スマートフォンと比べて1万円以上も安いので、コストパフォーマンスについては、OPPO Find X2 Pro 5G CPH2025より優れているものがほとんどありません。
OPPO Find X2 Pro 5G CPH2025の特徴は高性能なディスプレイにあります。「高精細なため10億色を表示することが可能で、リフレッシュレートは120Hz」です。そのためOPPO Find X2 Pro 5G CPH2025は、最新ゲームなどなめらかな動作を求められる場面で、真価を発揮するハイエンドモデルといえます。
売れ筋のスマートフォンその2は「OPPO Find X」です。OPPO Find Xは、「大パノラマ画面が特徴」のハイエンドモデルで、OPPO Find Xのパノラマアークスクリーンの画面占有率は93.8%です。つまり、余計なものが一切ないため画面に集中して楽しむことができます。ゲームだけでなくスマートフォンで映画視聴も楽しみたい・・・、そんな要望を持っている人にはOPPO Find Xがオススメです。
OPPO Find Xはスペックも高く、「CPUはSnapdragon 845、ROMは256GB、カメラ画素は約1600万画素」となります。
売れ筋のスマートフォンその3は「OPPO Reno 10x Zoom」です。こちらはハイスペックスマートフォンとして人気で、OPPO Reno 10x Zoomは「10倍ズーム対応モデル」となっています。
高性能カメラのような10倍ズームに対応している、しかも、ハイエンドモデルなので高精細な画面のままでズームアップが可能なのです。OPPO Reno 10x Zoomには「高解像度カメラが3つ搭載されている」ので、他のスマートフォンより高性能カメラを搭載しているモデルを探している人には、OPPO Reno 10x Zoomがオススメとなります。
OPPO Reno 10x Zoomのスペックですが、「CPUはSnapdrago855、ROMは256GB、カメラ画素は約4800万画素」です。性能については圧倒的といえるモデルなのですが、OPPOにしては珍しくコストパフォーマンスはそれほどでもありません。そのため、コストパフォーマンスが良いモデルを探している人には、他のハイエンドモデルがオススメとなります。”UQモバイルスマホ一覧

これからHUAWEIのスマートフォンを持ちたい人へオススメのモデル

“HUAWEIのスマートフォンは安いとされているのですが、それは、HUAWEI NOVA 5Tのような人気機種の価格帯を確認すると納得できます。
そもそもHUAWEIのスマートフォンは、楽天などサイトによっては1万円以上のキャッシュバックキャンペーンが適用されるようになっています。HUAWEI liteのような安値で販売されているスマートフォンモデルでも同様なので、安さでスマートフォンを選ぶのであれば、HUAWEI NOVA 5Tなどを購入されると良いでしょう。
ちなみにHUAWEI NOVA 5Tには、「ハイエンド系プロセッサが搭載されている」ため、性能的に他のスマートフォンメーカーより劣るわけではありません。しかもHUAWEI NOVA 5Tは、指紋認証システム搭載のモデルなのです。スマートフォンの起動や、指紋認証システムで最新のものを搭載しているスマートフォンが欲しい・・・、そんな人であればHUAWEI NOVA 5Tに満足できるでしょう。
HUAWEI NOVA 5Tのすごいところは、これほどのハイスペックスマートフォンにもかかわらず7万円台で購入できるチャンスがあるところです。ハイエンドモデルは安いものでも8万円台のものが圧倒的に多いため、HUAWEI NOVA 5Tの価格帯は奇跡的とも言えます。
ただしHUAWEI NOVA 5Tには注意点もあります。それは人気が高すぎることです。HUAWEI NOVA 5Tのような人気のスマートフォンモデルの中には、販売されてすぐに売り切れになるケースが少なくありません。なのでHUAWEI NOVA 5Tを購入する際は、まだ在庫に余裕がある状況なのかをチェックしましょう。「じっくりと悩んでから購入したい・・・」と考えていると、他のスマートフォンメーカーとの比較中に売り切れになるケースもあります。
逆に、「ローエンドモデルで簡単に入手できるが、基本的なスペックがそろっているHUAWEIのスマートフォンが欲しい」という場合は、HUAWEI P30 Liteをオススメします。HUAWEI P30 Lite最大の特徴は、2019年から現在にかけて売れ筋のスマートフォンとなっているところでしょう。1年間で人気ランキングが大きく動くスマートフォン市場を考慮すると、これもまた奇跡的といっても過言ではありません。
HUAWEI P30 Liteは、「トリプルカメラ搭載モデルで、前モデルはP20 lite」です。HUAWEI P30 Liteは前モデルよりも性能向上し、広角を搭載したトリプルカメラを使えるようになりました。
なによりすごいのは、HUAWEI P30 Liteは他のスマートフォンメーカーであれば、3万円を切る価格で入手するのは困難なところでしょう。HUAWEI P30 Liteのスペックは、本来であれば4万円以上するスペックとされており、人によっては5万円前後する・・・という意見さえも存在します。”

スマホの安全を守る!スマホにインストールしておきたいアプリ3選

“スマートフォンのセキュリティはちょっとしたことで向上するのですが、必ずしもお金がかかるわけではありません。次のような優秀なアプリをインストールするだけでも、毎日のスマホライフが快適になります。
オススメのセキュリティアプリ1は、「GlassWire」です。最近ではGlassWireのようなスマートフォンアプリが増えてきました。GlassWireは、アプリケーションのデータ消費量を管理するのに最適です。また、セキュリティアプリに必要なインターネットの管理を行う機能もGlassWireにはありますので、多様化するスマートフォンのセキュリティについて、こまごまと対応するのは面倒・・・という人ほど、GlassWireとは相性が良いでしょう。
GlassWireをインストールしていると、アプリ用のファイアウォールが機能するようになっているのも長所です。なにより多くの人がGlassWireを利用しているので、ユーザーレビュー上も安心して使える魅力が、GlassWireにはあります。
オススメのセキュリティアプリ2は、「Access Dots」です。Access Dotsは無料のセキュリティアプリというだけでなく、アプリによるデバイス(カメラなど)の使用が入る際にはアラートを鳴らしてくれる機能があります。今ではインターネット、SNSなどを通じてカメラやマイクを使用するケースが激増しているため、Access Dotsはインストールしていると便利なアプリとして人気になりました。
なによりAccess Dotsは、アプリがわずかながらでも動作している場合は、それを監視する性能があります。他のアプリではちょっと性能が・・・と感じている人は、Access Dotsをインストールしてみると良いでしょう。
オススメのセキュリティアプリ3は、「Norton App Lock」です。こちらも無料で利用できるアプリなのですが、デバイスの使用を共有化している場合でもNorton App Lockは有効化できます。
例えば、お互いに使用範囲を決めておいてスマートフォンなどデバイスを使用したい、その際に細かい設定をしたい・・・という人であれば、Norton App Lock以上のものは見つからないかもしれません。
またNorton App Lockは、PINコード、パスワードといったアプリロックで必要となる対応についても、アンロックのサポートをしてくれる機能があります。人によっては、多くのサイトでスマートフォンを使用しているケースも少なくない現代では、Norton App Lockのようなパスコードロックアプリを使いまわしたほうが賢明でしょう。
Nortonはパソコンのセキュリティソフトウェアとしても有名なため、より信頼できる企業を探している人にもオススメできます。”

「Xperia 1 II SO-51A」の口コミ

“良い評判、悪い評判が錯綜しているXperia 1 II SO-51Aですが、特に目立つ評判をまとめてみましたので、Xperia 1 II SO-51Aの購入で迷っている方は参考にしてください。
Xperia 1 II SO-51Aは、「21:9縦長4Kディスプレイで見やすい」という良い評判が多いです。ただし、このような評価は最新スマートフォンで良く見られるので注意してください。Galaxyシリーズ、Xperiaシリーズでは昔から良く見られる評判で、どちらもワイドボディのスマートフォンには定評があるのです。
Xperia 1 II SO-51Aの場合、「ディスプレイの画質が選べる」ようになっているため、他のスマートフォンとディスプレイの比較をすると、こちら以外では大きな差がないと思って問題ありません。そもそもディスプレイの向上はハイエンドモデルだけの特権ではなく、今では、ミドルレンジモデルでも近いスペックのディスプレイが搭載されています。
Xperia 1 II SO-51Aのその他の良い評判では、「イヤホンジャックが復活した」、「カメラがデジタルカメラのようになった」などがあります。特にイヤホンジャックを評価する人が多いため、イヤホンジャックにこだわりがある人であれば、Xperia 1 II SO-51Aを選ばれると良いかもしれません。
しかもXperia 1 II SO-51Aは、「自動クリエイターモード」の設定が用意されています。自動クリエイターモードとは、設定しておくことで自動でモードの切り替えがされる便利な機能です。処理が重くなるような場面で効果を発揮し、処理が重くならないようになるなど、Xperia 1 II SO-51Aだけの長所として評価されています。
Xperia 1 II SO-51Aの悪い評判ですが、主に「顔認証に対応していない、長時間のゲームプレイに対して弱い、本体そのものが発熱しやすい、アルバムアプリが入っていない」などの評価が見つかります。特に顔認証がないのでXperia 1 II SO-51Aを購入していない人は多く、今では、セキュリティ能力前提で5G対応スマートフォンを選ぶ人も多いのです。
顔認証は指紋認証に比べて動作が早く、わざわざ画面をタッチする必要もありません。なにより最新スマートフォンに標準搭載されている機能のため、iPhoneなどと比較されてしまうと、Xperia 1 II SO-51Aは不便なように感じるのかもしれません。
Xperia 1 II SO-51Aは、長時間のゲームプレイに適していないという評判もあります。ですが、こちらについてはXperia 1 II SO-51Aの「Game Enhancer」を活用するようにしましょう。ゲームプレイ時のパフォーマンスを優先する機能なのですが、今では、3Dゲームなど重めのゲームをプレイする際の基本テクニックとされています。”

プリズムカラーがとってもオシャレ!

“Galaxyシリーズのスマートフォンは、毎年とってもおしゃれなデザインが多いです。中でも2020年秋冬モデルとして発売予定の「Galaxy A51 5G」は、光り輝く光沢のデザインが美しいプリズムカラーを採用しています。プリズムカラーとはどんな色なのか、特にこだわっている点、色の特徴についてご紹介したいと思います。スマホのスペックはもちろんだけど、おしゃれなデザインにもこだわって選びたいという皆さんも参考にしてください。
プリズムカラーとは、3次元写真を意味するホログラム加工と光輝くような美しい光沢仕上げになっているので、より輝きが増すように繊細なデザインが施されたカラーです。またスマホの四つの角は、全体的に丸みを帯びた滑らかなカーブになっているので、スマホを手に持った時のグリップ感に優れています。あまり角がたっていたり、角ばっていると、落としてしまった時に割れやすくなる心配もありますが、丸みを帯びていることでより安心して使えます。
カラーは、「プリズムブリックスブラック」と「プリズムブリックスホワイト」の二色展開となっています。光の屈折によって虹のような美しさを楽しめる点も、プリズムカラーならではと言えますね。
またデザインはもちろん、6.5インチの大画面に広がる色鮮やかな映像は、みているだけで吸い込まれてしまうような圧倒的な没入感があります。それでいて、前面フルガラス仕様の美しいディスプレイと、極限まで狭めたベゼルによって画面を最大限有効活用できるように工夫されたデザインとなっている点が魅力です。カメラホールまわりもシンプルなデザインにすることで、お気に入りの動画やゲーム、ライブ配信といった映像を大迫力のフルスクリーンで楽しめます。
普段から動画配信をされる方、YouTubeなどの動画アプリをよく見る方、ゲームをされる方もスマホの画面いっぱいに広がる映像美を楽しめるのでとてもおすすめです。おしゃれなカラーだけでなく、カメラのホール周りのデザインをすっきりさせること、よりシンプルなデザインにんすることで極限まで楽しめるそんなデザインになっている点が魅力です。
またスマホを握った時のグリップ感は、意外と重要ポイントです。どんなにおしゃれでハイスペックなスマートフォンでも、手に持った時に握りやすいか、操作しやすいかというのはまた別問題になります。普段からスマホにケースを付けて使っている方は別ですが、やはりそのまま使っている方も多いと思うのでこうしたデザインや、使いやすさ、見た目にもこだわって作られているGalaxy A51 5Gは、珍しいデザインと言えますね。迷っている方、気になっている方は一度店頭で手に取って試してみるといいかもしれません。
これから新しく買い替えを検討されている方も是非、おしゃれな見た目にもこだわって作られたプリズムカラーのGalaxy A51 5Gを候補に入れてみてはいかがでしょうか。”Galaxy A51公式サイトはこちら