Today is: Thursday, 4th February 2016
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

IIJ、NewDaysで訪日外国人向けのプリペイド型SIMカード販売

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、訪日外国人向けのプリペイド型SIMカードを山手線沿線の「NewDays」70店舗で1月19日より販売しました。JR東日本リテールネットが運営する駅ナカのコンビニエンスストア「NewDays」で販売されるのは、IIJが訪日外国人や一時帰国者向けに用意したプリペイド型SIMカードパッケージ「Japan Travel SIM」です。NTTドコモのLTE/3G網を利用しています。3000円(税込、以下同)の1GB(30日有効)のパッケージと、4000円で2GB(3カ月有効)のパッケージの2つのラインナップで、SIMカードはmicroSIMとnanoSIMに対応しています。使い切った場合はIIJmioクーポンカードかブラステルカードで追加チャージできますが、SIMカード自体の有効期限は延長されません。実際には目新しい情報ではありませんが、これからもプリペイド型SIMの発売を続けていくという強い意志を感じますし、これは増え続ける方実外国人向けに対して強力な援護射撃となるでしょう。2015年度の訪日外国人は2千万人には到達しませんでしたが1900万人という史上最高を記録しているのです。

毎月5GBプレゼントの大盤振る舞い

中学1年生から今回の特典を利用した場合、25歳までの特典は780GBに及ぶこともあって、KDDIでは今回のキャンペーンを「ドッカーン」と表現して、大きなインパクトがあるとアピールしています。質疑で他社が追随してきた場合の対抗策を問われた田中社長は「今回は相当ガツンといったので、なかなか大変かなと思う。(他社が対抗してきた場合は)そのときに考える」と余裕の表情となっているのです。さらに新規・MNPだけではなく、既存ユーザーの機種変更でも適用することにも「相当踏み込んだつもり」(田中氏)と、大胆な施策であることを重ねて強調しています。若年層以外には…商戦期にあわせたキャンペーン内容となる一方、質疑では若年層以外のユーザーに向けて、同様の取り組みを行うかどうか、問う声もあがっています。これに対し、田中氏は「その都度、いろいろ考えて、今年のauは何か違うよねと思われるよう新しいことをやりたい」と述べるに留まっているのです。春商戦は中学、高校、大学の新入学、さらにはフレッシュマンの新規、機種変更が一番多い時期です。それをターゲットにしたauのスマートフォンの快進撃がさらにこれから加速しそうですね。
 さようなら、スマホのバッテリー残量を気にする日々。

“スマホ CPU RAM ROM “

サクサク動くスマホを購入するために一体何を注意しなければならないのでしょうか。こんなにアプリを入れていないのに、スマホがあまりスムーズに動かないことにガッカリしている人たちも多くいらっしゃるのではないでしょうか。
スマホは二年の縛りがあって、すぐに交換することも出来ませんし。でもやっぱり大事なのは、スペックをしっかり見ると言うことです。スマホCPUも大事ですし、RAM ROMも。この程度のことが理解出来ないようで、今スマホを購入するべきではありません。
CPUは、処理する人たちのことをいい、RAM は、机の広さ、そしてROM は、引きだしの広さに一般的に例えられているようですが。スマホCPUは、レストランにいいコックを雇っているか否かと言う問題であり、重要性は非常に感じるはずです。レストランにはいいコックが絶対に必要、キッチンが広くて使いやすいと言うことは、二の次という感じではないでしょうか。RAMはキッチンの広さであり、
ROM は、冷蔵庫が大きいかという感じです。

ソフトバンクからY!mobileブランドのスマホ『AQUOS Xx-Y 404SH』と『AQUOS CRYSTAL Y2 403SH』登場

ソフトバンクは、Y!mobileブランドのシャープ製Androidスマートフォン『AQUOS Xx-Y 404SH』と『AQUOS CRYSTAL Y2 403SH』を発売します。両機種の特徴は、「2015年夏モデルだったAQUOS XxとAQUOS CRYSTAL 2をベースにしていること」「VoLTE及びHD Voiceによる高音質通話に対応していること」「購入から181日目以降にSIMロック解除できること」など。ハイスペックモデルのAQUOS Xx-Y(6万4800円)は、フルHD5.7型S-CG Silicon液晶を搭載しており、液晶のバックライトとカラーフィルターには色の再現性を高める「S-PureLED」を採用しています。またOSはAndroid 5.0、Qualcommのプロセッサ「Snapdragon 810」、バッテリー容量3000mAhなどを搭載。大容量なバッテリーはスマホをガシガシ使うユーザーにはもってこいですよね。1310万画素のCMOSセンサーを備えるアウトカメラも見逃せない特徴の一つだと思います。一方のAQUOS CRYSTAL Y2は、ミドルレンジモデルのスマートフォン。HD解像度の約5.2型S-CG Silicon液晶を搭載し、AQUOS Xx-Yと同様、液晶に「S-PureLED」を採用しています。日本ならではの「おサイフケータイ」や「ワンセグ」といった機能も搭載しているそう。こちらの発売は2月上旬以降。価格も未定です。どちらも人気が出そうなスマートフォンだと思います。http://dime.jp/genre/205105/

10メートル離れていても充電OK

KDDIと米Ossiaがワイヤレス給電技術「Cota」を共同開発しました。複数台のデバイスを同時に、しかも電波の範囲内(約10メートル)であれば広い範囲で、置き場所を問わずに給電できるのが特徴です。優れたワイヤレス給電技術を持つ米Ossia(オシア)社と、同社に出資するKDDIは6日(現地時間)、CESに出展したブース内で、ワイヤレス給電技術「Cota(コータ)」を用いたシステムのメディア向けデモンストレーションとラウンドテーブルを開催しました。黒いバケツのようなものがチャージャーでスマートフォンケース型のバッテリーと、スマートロックにセットされた2つの単三電池型バッテリーにレシーバーが内蔵されているのです。米Ossia社はワイヤレス給電に関する技術開発を行っているスタートアップで、米Microsoft出身のCEO、Hatem Zeine氏が2008年に起業した。KDDIは2015年にKDDI Open Innovation Fundを通じて同社への出資を行っています。CES会場内のブースにて開催されたラウンドテーブルで、KDDI執行役員でバリュー事業本部 新規ビジネス推進本部長の雨宮俊武氏は、出資の経緯について「ITの世界で次に何が来るのか考ると、IoT(Internet of Things)が1つのキーワードにる。そこでIoT関連のスタートアップに注目していた中、Ossia社の無線給電技術を知る機会があった」と説明しています。
 

バックアップでmicroSDを使う

ガラケーからAndroidスマートフォン、AndroidスマートフォンからAndroidスマートフォン、Androidスマートフォンからガラケーに移行する際にバックアップをしなくてはいけません。専用バックアップアプリでは、定期的なバックアップに対応しているのもあります。方法は簡単で機種によって多少方法は違うのですが、ガラケーの場合は基本的に電話帳を開いてサブメニューを開いてmicroSDにバックアップとあるので、それを選択しバックアップを実行するのです。Androidスマートフォンの場合も基本的に電話帳アプリを開いて、サブメニューを開き「インポート/エクスポート」や「エクスポート」といった項目があるのでそれを選択して、microSDにエクスポートという操作を実行します。これらの操作はあくまで、機種に依存する操作ですので、機種によってその場所にない場合もあります。その際はマニュアル等を確認しましょう。そのmicroSDにバックアップしたものが電話帳データなのですが、一部移行先の機種では文字コードと呼ばれる文字の種類が合わず文字化けする可能性もありますので、移行前にパソコンへデータをコピーしバックアップすることをおすすめします。
http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/

スマホの格安SIMでパソコン通信?!バッテリー持ちには注意!

フューチャーフォンと呼ばれる携帯電話から、スマートフォンに変わった時、一番変わったと感じるのが、月々の利用料金です。
特に、今までつなぎ放題にしていなかったあまり利用が少なかったユーザーは一気に値段が跳ね上がり、2〜3000円で済んでいた料金が、一気に7〜8000円に跳ね上がってしまった人もいるはずです。
さて、そんな通信料や通話料を抑えるために格安SIMと呼ばれる、スマートフォン本体とは別に大手キャリア以外から通信用のSIMのみを契約する方法が出てきました。
そのSIMをさらに違った使いたかができるということを知っていましたか?
それがパソコンの通信に使う方法です。
これにはいくつか条件があります。
まずはパソコン自体がLTE内蔵モデルであること。SIMを差し込むことができればあとは設定さえすれば通信ができるそうです。
もちろんスマホからデザリングでネット接続もできますが、スマートフォンのバッテリーも消耗してしまうので、それでなくても消耗しやすいスマホのバッテリーをあまり減らしたくはないですよね。
ただし注意点としては通信を頻繁に行うからか、バッテリーの減りが激しいようです。
通信速度ももちろんSIMによりますが、問題ないようですが、通信容量はどうしても大きくなってしまうようですので、容量がきになるようであればWi-FiW利用を併用するのはスマートフォンと一緒ですね。
どこでもインターネットに接続できるという利点は移動が多くてパソコンを使いたい人にはかなり朗報でしょう。
そんな人にはこんなSIMの利用方法もあったのかと、ぜひ試してみてほしい情報ではあると思います。

ドコモスマホとポケットWi-Fi

“ドコモ スマホそしてWi-Fiという時、 どのWi-Fiを選択すればいいかということはとても大きな問題です。WiMAX2+は無制限かと言えば無制限ではありません。
しかし、月の容量制限が非常にゆるいことが特徴です。頻繁に使用すると言う人たちはこのあたりのことを注意しなければなりません。
Wi-Fiには、月の通信料の制限があるか、制限がないとしても最初から大幅に速度制限されている場合があります。 動画視聴、アプリケーションのダウンロードに適していません。
特にパソコンの利用があると言う時には注意をしなければならない問題です。WiMAX2+の場合は無制限ではありませんが、3日3GB制限を大幅に緩和する方針を打ち出しています。
制限時の実行速度が700kpbs?1Mbpsを6Mbpsに引き上げも行いました。WiMAX2+というポケットWi-Fiこそが、制限時にもストレスを感じさせない回線の速度を実践してくれているのです。ポケットWi-Fiを月額料金で選ぶのも正しいですが、
どんな時でもすぐに通信出来るかが肝心なポイントです。

おすすめのドコモスマホ、あなたに合うのはどれ?

“スマホ  フィルタリング “

“子供さんにスマホと言う時、お母さんは一体何を考えるのでしょうか。 私立小学生などへ電車通学をしたり、学校の帰りに塾へ通うなどやっぱり現代社会ゆえ、スマホを持たせた方がいいというシーンもあります。
キャリアショップは、子供さんにもスマートフォンを売ろうと一生懸命なのです。したがって、キャリアショップの言うことを全部鵜呑みにすることは正しくはありません。
「LINEをしたい」「ゲームをしたい」という理由で子供たちは現在スマートフォンを欲しがっているようです。
実際にLINEは危険とお母さんは思ってしまうのかもしれませんが、部活の連絡もLINEで行われることもあり、やはり私達の時代に欠かせないものでもあります。
フィルタリングをかければLINEを使用出来ないと誤解している人たちもいますが、一番厳しいと言われているKDDI(au)のフィルタリングサービスでもLINEは、利用することが出来ます。
アプリごとに使用の可否はお母さんが設定しなければなりません。

スマホ CPU Galaxyが強い

Androidのスマートフォンはどうなのでしょうか。クアルコムのSnapdragonシリーズを採用するモデルが多いようですが、しかし世界的に見れば、そうではなく、日本でもクアルコムのSnapdragonシリーズでないスマートフォンも登場して来るようになりました。
例えばサムスンというメーカーでは自社開発のチップセットをフラッグシップのGalaxy Sシリーズ に採用しています。ASUSではIntel製のAtom です。
チップセット、スマホCPUの違いがここにあります。 比較すれば、Galaxy S6 edgeのレベルがかなり高いようです。
スマートフォンでSNSアプリ、チャットする、ブラウザ程度ならば、CPUが最大クロックで動くことはほぼありません。省電力化することの方が重要視されるようです。
最大クロックと言う場合には、CPUは発熱という問題を考慮ていかなければなりません。スマートフォンの多くは発熱があるレベルになれば、発熱を抑えるために、CPUの性能を抑制する仕組みなのです。 発熱が性能に影響、それでもGalaxyが強いようです。