Today is: Sunday, 22nd January 2017
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

ビジネススマホ「F-04F」の魅力

F-04Fには背面にスマート指紋センサーが搭載されていて、あらかじめ指紋を登録しておくことで、指をなぞるだけでロック画面を解除したり、指定したアプリの起動時に指紋認証を求めることができるようになっています。ビジネスシーンでスマートフォンを利用するときは、内部の重要なデータをどのように保護するかが鍵となるのですが、指紋を利用することで、利用者に負担をかけることなくセキュリティを確保できるというわけです。また、標準でGoogle Playの利用ができない仕様になっているので、スマートフォンを私的に利用されたり、不正なアプリを勝手にインストールされてしまう心配もなくなっています。このほか、「SECURITY for Biz」や「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」などのNTTドコモのサービスにも対応していて、スマートフォンの遠隔ロックや初期化、カメラ機能のオフといった自社に合わせたカスタマイズも可能となっているのです。業務に使う端末である以上、利用者に一定のルールを守って使ってもらうことが大切ですが、それをあらかじめ管理者側で制御できるようになっていることになります。このほか、VPN接続にも対応しているので、企業でVPN接続を許可している場合は、スマートフォンから社内ネットワークに安全にアクセスすることも可能となっています。
auのアンドロイド タブレット端末はこちら

“URBANO”ブランドのスマートフォン

KDDIの「URBANO L02」は、40~50代のユーザーに向けたブランド“URBANO”のauスマートフォンだ。「URBANO1PROGRESSO」「URBANO L01」に続く第3弾となる京セラ製のAndroidスマートフォンで、洗練されたデザインと使いやすさの両立がコンセプトとなっている。前モデルURBANO10+ 件 L01で好評だったデザインや使い勝手を継承しつつ、新たに、基本的な機能を大きなアイコンでわかりやすく表示するホームUIを導入して、操作性の向上を目指したものとなっている。機能がシンプルで使いやすいので、法人向けとしても販売されている。メインカメラは有効約1300万画素CMOSで、2枚の写真を合成することによって一眼レフで撮影したように背景がぼける「背景ぼかし撮影」といった撮影機能も搭載している。かんたんメニューは左右にスクロールできない画面固定になっている。基本機能と3つのワンタッチダイヤルボタンだけで構成され、シンプルなホーム画面になっている。電話のダイヤル画面やアドレス帳などの基本機能と、さらに専用アプリも用意されている。auにはドコモのらくらくスマートフォンのようなシニア向けの端末はないのだが、この端末だと、見やすくわかりやすいメニューなのでシニア層も購入の際、選択肢の中に入れてくれそうだ。

スマホゲームの「キン肉マン マッスルショット」

キン肉マンと言えば大人気漫画として有名な往年の名作です。
そのキン肉マンがスマホゲームに「キン肉マン マッスルショット」として登場しています。
このスマホゲームはキン肉マンを引っ張って相手を攻撃する「引っ張りアクションゲーム」になっています。
また、漫画にも登場したキャラクターが総登場しますので、キン肉マンが大好きな人はワクワクしながらゲームを楽しむことができるでしょう。
画面上にあるリングではキャラクターたちが激しくぶつかり合うようになっていますので、迫力あるシーンを目の当たりにできるでしょう。
それに、漫画のようなストーリーもなぞっていますので、ストーリーを進める楽しさも感じることができます。
リング上にあらわれるキャラクターは3頭身で可愛いのですが、キャラクターごとに必殺技が設定されていますので、その必殺技を繰り出した時のギャップも良いと思います。
ちなみに必殺技は原作と同じものも多くありますので、昔懐かしい必殺技を思い出して楽しむこともできますね。
このようなスマホゲームは、プロレスの引っ張りアクションゲームと言っても動作が軽くなっていますので、どなたのスマートフォンでもサクサクと快適に遊ぶことができます。

太陽光パネル搭載充電器『ソーラーペーパー』日本でも発売

太陽光があればどこでもスマートフォンやタブレット端末を充電できるという太陽光パネルを利用した充電器『ソーラーペーパー』をご存知でしょうか。米国のベンチャー企業YOLKが開発したものですが、先日より日本での販売もスタートしています(YOLKの日本公式Webサイトから購入可能)。ソーラーペーパーは、スマートフォンサイズ(1枚当たり9×17センチメートル)かつ薄型(最薄部2ミリメートル)の充電器なので、持ち運びにとても便利で太陽光があればどこでも充電できちゃうという優れもの。晴れの日だったら、2時間半ぐらいでスマートフォンをフル充電できるそうな。多少の曇りだったら充電時間は長くなるけど充電できるみたいです。防水&防塵仕様になっているから雨や雪の日でも利用できるそうですが、USBポート部分は防水対応ではないし、わざわざ雨や雪の日に外で充電しようと思わないですよね。ソーラーパネル1枚当たりの出力は2.5Wで、USBポートを搭載するメインパネルにマグネットで補助パネルをつなげれば(6枚まで連結可能)、発電量を増やすことができます。外回りの多いビジネスマンやアウトドア好きの方にはもってこいの充電器ですよね。価格は5Wセットが1万68000円、7.5Wセットが2万2800円、10Wセットが2万8900円、15Wセットが4万800円となっています。ちょっと高いですが、買って損はない商品だと思います。

SIMフリーの携帯電話調査

コムスコア・ジャパンが、13歳以上の全モバイルユーザーを対象とした『日本の携帯電話使用動向に関する2016年7月までの3ヶ月平均』についてのレポートをリリースしました。なおこの調査では、ユーザーがメインで使用している携帯電話の調査であり、サブ機は含まれていないそう。今年7月までの3ヶ月平均において、国内のSIMフリーの携帯電話ユーザーは523万人。その内訳は男性58.6%、女性41.4%だったそうです。意外と女性も多いのですね。やはりコスト面でのメリットが大きいからでしょうけど。財布の紐を握っている女性にとっては携帯料金は切実な問題なのです。実際、SIMフリー携帯電話を持つ理由の一番の理由として「月額の利用料金を減らす」(65.3%)という回答が最も多かったそうですよ。続いてSIMフリー携帯を使用している年齢の内訳を見てみましょう。54歳以下のユーザーが全体の8割を占め、55~64歳で10.9%、65歳以上で13.9%もの方が利用しているという結果になりました。シニア層でも結構いますね。ちょっとビックリな数字です。反面、iPhone世代と言われる24歳以下のユーザーのSIMフリー携帯利用は、少ないそう。SIMフリーのiPhoneもありますが、購入サポートがないから、なかなか利用に踏み切れないのでしょう。それをどういった方法で解決するのかが、乗り換えのポイントとなってくると思います。

スマホの初期化に困った時は、、、

新しいスマホが登場をすれば、やっぱり購入をしたくなるものですよね。
なので、こういった場合、下取りを高くすることを考えなくてはいけません。
そのためにも、スマホを購入した時が大事になってきます。
スマホを購入した時は、下取りの時の事に注意をして使用をしましょう。
日頃から、画面や背面にはカバーをしておけば、スマホ自体を傷つけることなく使用ができます。
なので、傷などを付けないように、新品に近い状態であれば、高値で買い取りをしてもらう事が可能となります。
高く下取りをしてもらえれば、やっぱり新しいスマホの時に安く購入ができます。
なので、スマホ使用には注意をするといいですよ。
後は、スマホの買い取りをしてもらう時に、スマホの初期化をすることです。
スマホのデータが漏れるのは一番怖いことだと思います。
自分だけでなく、他人の情報まで入っていますから注意をしておきたいものです。
スマホの下取りを出す時は、初期化についてスマホ会社に相談をしてみるといいかもしれませんね。
そうすることで、情報を漏れることを防ぐことができます。
自分だけで判断をしないことが大事だと思いますね!気をつけるようにしましょう。www.samsung.com/jp/contents/guide/docomo-smartphone-recommend.html

耳の形状で個人認証、ウェアラブルの本命なるか

NECは2016年10月3日、「CEATEC JAPAN 2016」(2016年10月4~7日/幕張メッセ)のメディア向け先行公開で、耳穴の形状を音で識別する生体認証技術を展示しました。同技術で使用するのは、市販品のイヤフォンにスピーカーとマイク、モーションセンサーを追加したものです。特徴量の抽出には、同社のバイオメトリクス認証技術がベースとなっていて、イヤフォンの音を流したときの耳穴からの反響音をマイクから収集することで、耳の形状で決まる音響特性を1秒以内で認識できるのです。同社のリリースによると、外耳道を通って鼓膜で反射して返ってくる信号成分と、鼓膜を通過した後、中耳と内耳で反射し、返ってくる信号成分が重要ということです。この2種類の信号成分に対応する特徴量を抽出し、同特徴量により、少ない計算量で生体認証が可能になり、外的環境の影響も排除できるため、99%以上の認証精度を実現したとしています。また、多重音と耳穴特徴量の組み合わせのため、秘匿性が高いのも特長でで万が一、何らかの形で生体キーが録音されてしまったとしても、最初にイヤフォンから流す発信音を変えることができるのです。これはつまり、生体キーの作成が無限大に可能ということです。

スマホの充電も進化をしていっています

スマホの充電も毎日のように行うでしょう。
しかし、そのスマホの充電なのですが、ケーブルがだめになって充電ができないなんて経験ないでしょうか?
私はそういったトラブルがよくあります。
頑丈なケーブルを購入したとしても、やっぱりケーブルがだめになってしまうのです。
なので、最近では保証が付いているケーブルを購入するようになっているのです。
そんなケーブルがダメになるトラブルのストレスから解消されるものがあります。
それは、ワイヤレス充電器なのです。
こういったものがあるのを知らなかったのでびっくりしました。
「Galaxy S7 edge」を充電のパッドに置くだけで充電が可能だというのです。
これは、すごく嬉しい商品だなと実感してしまいました。
ワイヤレスで充電ができれば、もうケーブルも不要になります。
なので、ケーブルが曲がってしまって充電ができないなんて事がなくなります。
置くだけで充電ができるなんて理想の充電器だなと思います。
iPhoneやiPadにはそういったものがないのが残念です、、、。
これから登場すれば、絶対に活用をしたい充電器だなと思いました。
スマホの充電だってこれからもどんどん進化をしていきそうです。

充電ケーブルを内蔵したモバイルバッテリー

会社用と個人用など、スマホを2台持ちしているという人は意外に多い。iPhoneとAndroidの2種類のスマホを持ち歩いていると、面倒なのがモバイルバッテリーとの接続だ。バッテリー本体のほかに、iPhone用とAndroid用の充電ケーブルをそれぞれ持ち歩かなくてはならない。その面倒さを解消してくれるのが、その名も『オールインワン モバイルバッテリー』だ。モバイルバッテリーの側面にUSBケーブルとmicroUSBケーブルが内蔵されているのだ。USBケーブルはモバイルバッテリー本体の充電に、microUSBケーブルはAndroidスマホの充電に使用する。iPhoneを充電する場合は、付属のLightning変換アダプタをmicroUSBケーブルに繋げばいいようになっている。Lightning変換アダプタも本体上部に格納できるので、これ1つあれば「バッテリーはあるのにケーブルを忘れた…」ということもなくなる。スマホとほぼ同サイズのスリムなボディながら、バッテリー容量は十分で、電池容量1800mAhのスマホ(iPhone 6sなど)なら、約1.8回の充電が可能だ。出力は2.1Aあり、スマホの急速充電やタブレットの充電にも対応し、電池残量がわかるLEDインジケーターもついている。複数のケーブルとバッテリー本体が1つにまとまれば、カバンの中もスッキリするのでオススメだ。

IoTで家をスマートハウスにしよう

最近ようやくIoT(モノのインターネット)という言葉に、違和感がなくなってきたように思います。ACCESSは、家電機器やスマートメーターから電力の使用状況のデータを収集&管理できる『スマートハウス向け電力マネージメントソリューション』の拡販に乗り出しました。家庭内に設置したホームゲートウエイにACCESSのソフトウェア(NetFront Agent/NetFront HEMSConnect)を搭載すれば、無線ネットワークでデータを送受信できるようになるのだとか。このホームゲートウエイに集約したデータは、パソコンやスマートフォンに送信でき、ユーザーはチャットアプリ「Linkit」を使って家電機器を遠隔から監視したり制御したりといったことが可能になるそうですよ。しかもLinkitはデータを暗号化して通信するから、セキュリティも確保できるという。またサービス事業者は、パソコンで集中的に契約先住宅の電力使用状況を監視&制御できるから、スマートハウスを対象にしたエネルギー管理サービスを提供する場合などに活用できるそうです。今後は、住宅の他にオフィスビルにも適用できるように機能を拡充していく予定だそう。住宅をIoTでスマートハウスにできる時代にいよいよなってきたということですね!スマホ 防水