Today is: Thursday, 11th July 2019
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

適切な対応を取ってくれるSuggested Actions

“スマートフォンの最新機種というと、CPU、グラフィック、バッテリーなどを気にする人もいるのですが、今では、Suggested Actionsのような機能の注目度が上がってきています。
Suggested Actionsとは、ユーザーの利用状況を把握してくれる機能で、例えば、メッセージの文脈に従って適切な対応を取るにはどうすれば良いのか・・・、このようなことを、Suggested Actionsはサポートしてくれるのです。具体的には、メッセージの文脈を読み取ると、メールに住所が記載されている・・・という状況のため、Google Mapを案内するといったサポートを、Suggested Actionsが行ってくれます。
最近では、AI搭載スマートフォン、アプリなどが増えてきましたが、Suggested Actionsは、標準搭載の機能として導入されるようになっているため、将来的には、検索エンジンのような形で、多くの人が、Suggested Actionsを利用している時代になるかもしれません。”

「Galaxy S10+(SCV42)」はS10と何が違う?

“Samsung(サムスン)のGalaxy S10+(SCV42)は、2019年5月23日発売となっています。
同時にGalaxy S10(SCV41)も発売されるのですが、Galaxy S10+(SCV42)のほうがカメラ性能、ディスプレイの質が良いため、価格についても、Galaxy S10+(SCV42)のほうが高いです。端末価格を確認すると、Galaxy S10+(SCV42)は約12万円、しかしGalaxy S10(SCV41)は約11万円となっているため、1万円ほどの差が発生します。
その他の違いでは、Galaxy S10+(SCV42)はデュアルカメラ、そしてバッテリー容量が4000mAhになっています。ただし、これらの違いは大きな差と言えるほどのものではないため、写真撮影の性能、バッテリーの持ちをあまり気にしない場合は、Galaxy S10(SCV41)を購入しても問題ありません。
画面サイズについても、Galaxy S10+(SCV42)は、Galaxy S10(SCV41)より0.3インチ大きいだけです。”

好きなタイプを選択できる「ZenFone 5」

“SIMフリー端末として有名なスマートフォンには、ZenFone 5のようなスマートフォンもあります。
ZenFone 5の特徴は、台湾メーカーのASUSからリリースされているところでしょう。ZenFone 5の発売日は2018年5月18日となっているのですが、未だに根強い人気を誇るスマートフォンとして有名です。
SIMフリー端末の良さは、価格が安いことなのですが、その代わりSIMフリー端末によって保証内容が違っているため、何も知らずにZenFone 5を購入するのは良くありません。また、ZenFone 5は上位版のタイプとなり、廉価版のタイプはZenFone 5Qとなっているのですが、どちらも格安SIMとして有名です。
ZenFone 5は、上位版のタイプとして動画視聴、SNS、ゲームアプリを楽しめるようになっているため、これらの機能が充実しているスマートフォンが良い場合は、廉価版より上位版のほうが良いでしょう。”

危険なアプリを見分ける方法

“スマートフォンのアプリの中には、非公式アプリと言われているものも含まれているので注意してください。
非公式アプリをインストールしてしまうと、動作不良、ウィルス感染につながるといったトラブルが起きます。ではどのようにして非公式アプリを見極めるのかというと、GooglePay、AppStoreによって見極め方が違うので、こちらに注意して対応するようにしましょう。
GooglePayの場合は、そもそもGoogleの審査に通らないので、GooglePayを通じてのインストールにはならないでしょう。つまり、Googleの審査に通っているかのように偽装されているものは危険です。
AppStoreも同じで、審査に通っていない、利用者が少ない、レビューが見当たらない場合は、非公式アプリと思って問題ありません。価格についても安いことが多く、マニュアルなどが用意されていないものも、非公式アプリの可能性が高いです。”

これは嬉しい!HUAWEI Mate 20 Proの防水機能「IP67」

“HUAWEI Mate 20 Proには、画期的な防水機能とされている「IP67」が搭載されています。
IP67の何が凄いのかというと、それは、IP67であれば「完全な防塵構造、水面下(15cm〜1m)に30分間まで耐えられる仕様になる」ところでしょう。今まで防水機能付きスマートフォンは、何度も開発されてきました。
ですが、スマートフォンはお客様の要望を叶えるために、「コンパクトなフォルムを維持しないといけない」暗黙の了解があり、そのため、破損しやすい、水没すると壊れてしまう・・・これらの問題が積み重なっていたのです。それを克服したものが、HUAWEI Mate 20 ProのIP67です。
今では、インスタグラムに写真を投稿するため、砂浜など海辺の近くで写真撮影をする人が増えてきました。そのため、HUAWEI Mate 20 Proは、防水機能の高さも評価され人気が高くなっています。”

一風変わったハイエンドモデル「motorola moto z3 play」

“motorola moto z3 playは、2018年10月発売のmoto zシリーズの最新機種です。
moto zシリーズとは、背面にmoto modsという別売りアクセサリを取り付けることが可能で、一風変わったスマートフォンとして案内されることが良くあります。ですが、これは見た目だけの変化ではありません。
motorola moto z3 playは、アクセサリを装着させることによって、様々な機能を拡張できるスマートフォンなのです。一般的なスマートフォンの変化というと、アプリをインストールすることによって、多機能化が進むという考え方が多く、今では定着しています。
しかしmotorola moto z3 playの場合、「ポラロイドカメラ」、「ゲームパッド」、「プロジェクター」などの多機能化も可能となっており、これはmoto zシリーズにしかない拡張機能なのです。そのため、他では真似できないハイエンドモデルを探している人にも、motorola moto z3 playはオススメできます。”

GALAXY S10は写真でも認証されてしまう?

S10は「顔認証」機能がついていれば安心!といったイメージを持っている方も多いのですが、実は写真でもロックが解除できてしまうといった問題もあります。GALAXY S10は認証スピードが速く、スムーズなのですがセキュリティーの面からすると少し物足りないかなといった口コミも寄せられています。こういった場合には、顔認証ではなく指紋認証を主に使うなどの対策をすることが大事です。それでも顔認証機能を使いたい方には、ある程度認証スピードは落ちてしまうかもしれませんが、セキュリティを向上させる方法があります。画面から「設定」アプリを起動して、「生体認証とセキュリティ」を開きます。そこから順に「顔認証」を押して「認証速度の向上」をオフにすれば、セキュリティが向上し、オフにすると、セキュリティの機能が犠牲になる分、認証速度が高まります。こうした設定をすることで、顔認証のセキュリティを向上させるなど対策を立ててみましょう。参照先URL

Android端末でも使用できるキャッシュレス決済

“Android端末でも使用できるキャッシュレス決済の中には、「Android Pay」、そして、Googleから提供されている「Google Pay」があります。
今では、国内でもキャッシュレス化が進んでいるため、「PayPay」、「LINE Pay」のような、有名なキャッシュレス決済が人気を集めています。なにかとお得なサービスと言われていますが、Android Pay、Google Payの場合は、以下のような違いがあるので注意してください。
Android Payは、NFC対応Android端末に対して機能するようになっています。設置している店頭の端末にかざすと、クレジットカードやデビットカードによる支払いが行えるようになります。つまり、Android Payはアプリのみで支払い完了となるものではありません。
Google Payは、Android Payと似ていると言われることもありますが、正確には、Android Pay、そして、Googleウォレットを統合した決済プラットフォームなのです。”

スマートフォンの「DIGNO F」

“うっかり落としても安心な強化ガラスを採用し、水に濡れても安心な防水機能や手袋をつけたままでも操作できる便利なスマートフォンが「DIGNO F」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、ブラック、レッドの3色が用意されており、ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約142ミリ、厚さ約10ミリ、重さ約138gという軽量コンパクトサイズです。
CPUはMSM8916クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは8GBで、バッテリーは2300mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約5インチTFT液晶ディスプレイを搭載し、カメラはオートフォーカスや手ぶれ補正がついた約800万画素のメインカメラと約200万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには誰でも簡単に使える機能や分かりやすく配置されたシンプルなホーム画面が採用されています。”

スマートフォンの「Xperia X Performance SOV33」

“メタルの質感を際立たせるヘアライン加工とサンドブラスト加工が施されており、劣化しにくい大容量バッテリーや広視野角ディスプレイなども搭載しているスマートフォンが「Xperia X Performance SOV33」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの4色が用意されており、ボディサイズは幅約71ミリ、高さ約144ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約165gです。
CPUはMSM8996オタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBで、バッテリーは2570mAh大容量バッテリーが搭載されています。
ディスプレイは約5インチトリルミナスディスプレイを採用し、カメラは約2300万画素のメインカメラと約1320万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンはウォークマンのオーディオ技術を結集していますので高音質な音楽を楽しむことができます。”