Today is: Monday, 18th September 2017
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

一括648円の驚安スマホ「MONO」は買いなのか?

「本体価格は一括で648円」―そんな“驚安”のスマートフォン「MONO MO-01J」をNTTドコモが発売しています。ドコモが直接デザインを手掛けた同社初のオリジナルスマートフォンで、性能や品質にもこだわったというスマホです。実際の使い心地はどうなのでしょうか。MONOは、厚さ8.8mmのボディーに、4.7型HD(720×1280ピクセル)液晶(IPS方式)を採用したAndroid 6.0搭載スマートフォンです。内蔵バッテリーは2440mAh。IPX7/IP5Xの防水防塵(じん)に加え、Bluetooth 4.1、VoLTE、ハイレゾ再生にも対応しています。LTEネットワークは下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなっています。まず驚いたのがその価格です。SIMロックフリーのいわゆる「格安スマホ」の場合、安くても約1万円台後半が相場なのですが、一方のMONOは一括で648円(税込)と桁違いなのです。安すぎるとも感じるのですが、これはMONOの購入時には端末購入サポートの契約が必須なため。購入から12カ月以内に機種変更すると、解約金として1万5876円(税込)が発生します。つまり一括648円は割引後の実質価格というわけなのですが、店頭で648円を支払えば端末を入手できるお得感は大きいです。ビジネス向けとしても大いに訴求効果があるでしょう。

Leave a Reply