Today is: Monday, 18th September 2017
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

復活したビクター初の製品は、たった90万円でスタジオサウンドを持ち運べる画期的商品

スイッチをオンにすると、ヘッドフォンの存在を忘れ、スタジオのリスニングルームと同じ空間が広がります。そんな注目の技術EXOFIELDを応用した新製品登場します。再始動した「ビクターブランド」を冠したWiZMUSICです。ヘッドフォンは、ソースの細かい情報をしっかりと再現できます。しかし唯一の弱点が音場や定位の再現だったのです。音源(音楽コンテンツ)は一般的に、前方に置かれたスピーカーで再生するのを前提に作られています。しかしヘッドフォンは真横から音が鳴るため、音像が本来あるべき前方ではなく頭内で定位してしまうのです。この問題に取り組み、画期的と言っていい成果を上げたのが、JVCケンウッドの「EXOFIELD」(エクソフィールド)です。すでに技術発表は済んでいるのですが、予告通り、この技術を応用した新製品が登場するのです。再始動した「ビクターブランド」を冠した最初の製品で、「WiZMUSIC」(ウィズミュージック)と名付けています。WiZMUSICはWizard/WithとMusicの造語で、魔法に似た感覚が味わえること、発音すると音楽と一緒にいる(With Music)と聴こえることから選ばれました。製品としては、プレミアムパッケージの「WiZMUSIC90」(300台限定、90万円)とスタンダードパッケージ「WiZMUSIC30」(30万円)がある。WiZMUSIC30は一般販売されるモデルだが、3年で3000台程度の出荷を目指すということです。

Leave a Reply