Today is: Saturday, 14th December 2019
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

良いところばかりではない?「Google Pixel 3」の性能

“Google Pixel 3の良いところは、「独自技術が多く盛り込まれている」となるのですが、短所もあるので注意してください。
Google Pixel 3は、他のスマートフォンとは違い、OSがカスタマイズされていないピュアなものが採用されています。そのためGoogle Pixel 3は、セキュリティアップデートが「最速で適用されるようになっている」ので、セキュリティが少しでも良いものを選びたい・・・という人ほど、Google Pixel 3を選ぶとされています。
Google Pixel 3は、発売日から「最低3年間のアップデートは保証されている」ので、こちらもGoogle Pixel 3だけの特徴と言えるでしょう。ですが、Google Pixel 3には短所もあり、操作性が短所として挙げられるので注意してください。
Google Pixel 3は、片手モードが利用できるようになっていません。つまり、Google Pixel 3は片手操作が困難なモデルなのです。”

防災アプリ「ポケットシェルター」

“震災、水害など、近年ではこれらの災害に苦労させられることが増えてきました。
そのため今では、防災アプリ「ポケットシェルター」を駆使して、より安全な対応を求める人も増えているのです。ポケットシェルターは、避難行動の支援に特化しているiOS、Androidの両方に対応しているスマートフォンアプリのことです。
ポケットシェルターには、全国の避難関連施設、選定耐震構造物などが18万件分も収録されています。しかもポケットシェルターは、随時更新されているので、信頼できる情報を簡単に見つけることができるのです。
ポケットシェルターの機能を駆使すると、「地震・津波といった警報、注意報」の通知をピックアップできます。他にも、現在いる建物が耐震構造物かどうかも詳しく知ることが可能になっているので、災害時に役立ってくれるスマートフォンアプリとして人気です。
近年では、ポケットシェルターを使って避難所を確認する人も増えてきました。”

「ASUS ZenFone 2」のスペック

“あまりスペック不足に悩まされるスマートフォンを購入したくない人は、ASUS ZenFone 2のようなスマートフォンを購入すると良いでしょう。
ASUS ZenFone 2のSoCは、一般的なARMアーキテクチャーではありません。ASUS ZenFone 2のものは、インテル製プロセッサー「Atom」が導入されています。
そのためASUS ZenFone 2は、「ポケモンGO、Fate Grand Order」といった著名なゲームに対して、動作保証対象外になっている特長があるのです。これからスマートフォンでゲームを楽しみたいという人は、あまりASUS ZenFone 2と相性が良くないでしょう。
しかしASUS ZenFone 2のスペックは高く、重量が170g、CPUがインテル Atom プロセッサー Z3580(4GBモデル、2.3GHz×4)となっています。他にも、RAM容量が2GB、4GBとなっており、ストレージ容量についても32GBと余裕があります。”

国内では最大のシェアを誇る「AQUOS R3」

“AQUOS R3は、以下のようなスペックを誇っているため、国内では2017年、2018年に、販売台数シェアで1位を獲得したという実績があります。
AQUOS R3のスペックは、「SoC Snapdragon 855、2.8GHz・2.4GHz・1.7GHzのオクタコア」となっていますので、ハイエンドモデルに良く見られるスペックを有しています。しかもAQUOS R3は、「OSがAndroid 9、ストレージが128GB、メモリが6GB、画面サイズは6.2インチ Pro IGZO」となっているため、高品質なグラフィック、処理能力を求めている人であれば、AQUOS R3を購入されたほうが良いかもしれません。
AQUOS R3は、「AQUOSシリーズのフラグシップモデル」として販売されています。そのため、AQUOSシリーズでトップクラスの性能を誇るものを探している場合も、AQUOS R3がオススメとなるのです。”

アプリで得をする!?スマートフォンの意外な利点

“これからスマートフォンを持つ人のために、スマートフォンならではの利便性について案内します。
スマートフォンをすでに持っている場合は、チラシアプリを導入してみると良いでしょう。その理由ですが、半額とはいきませんが、10%や20%オフといった割引を受けられるからです。
昔であれば、クーポン券持参で割引キャンペーンを利用できたのですが、今では、そのような手間を省いてサービスを受けられるようになっています。ちなみに、チラシアプリによるお得情報はほぼ毎日出ているため、良く買い物に行くという人との相性は抜群です。
他にも、LINEなどSNSを用いている場合は、SNSとのコラボによる割引キャンペーンを催していないか、こちらをチェックしてみると良いでしょう。ものによっては30%オフといったサービスを提供していることもありますし、SNSを登録する際に料金などがかかる心配もありませんので、誰でも安心して利用できます。”

androidを開発!世界的に有名なGoogle社

“GALAXY NOTE 10情報にびっくり!買いたいな〜〜。
スマートフォンの最新機種の中でも有名なものが、android端末に分類されるスマートフォンです。
androidを開発した会社こそがGoogle社のため、今でも、世界から注目される企業として有名です。そんなGoogle社の概要ですが、以下のようになっておりますので、Google社が気になる方は参考にしてください。
社名のGoogleの由来は、「10の100乗を意味するgoogol(グーゴル)」からきています。Googleの通称はグーグルなのですが、設立年度は1998年となっています。
Google社が世界的に有名な理由は、他の企業では真似できないほどの資本金にあるとされているのですが、その資本金は295億ドル以上であることが、2013年の時点で判明しているのです。Google社の従業員数は、2017年時点で53000人を超えるほどなので、世界的に有名な大企業であることは事実でしょう。
そんなGoogle社の代表的なandroid端末では、「Pixel(ピクセル)シリーズ」が有名です。”参照先URL

TSUTAYAが提供する「TONE m17」

“TONE m17は、CD、DVDレンタルで有名なTSUTAYAから、提供されているスマートフォンです。
他のスマートフォンとの大きな違いは、約25000円で販売されている事実でしょう。最近になって、SIMフリーのスマートフォンを意識する人が増えてきたのですが、TONE m17は他のスマートフォンよりも安く、且つ、最低限のスペックを誇っているため、ただ安いだけのスマートフォンではありません。
TONE m17は、「CPUがクアルコム社製のSnapdragonシリーズ搭載」となっているため、CPUのみであれば高性能なのは確かです。そのためTONE m17は、メール、SNSといった通信量が少ない使い方であれば、快適に利用することが可能なスマートフォンと思って問題ありません。
TONE m17の液晶画面は「HD画質」で、本体サイズは5インチのため、小型のスマートフォンを探している人も、TONE m17と相性が良いでしょう。”

適切な対応を取ってくれるSuggested Actions

“スマートフォンの最新機種というと、CPU、グラフィック、バッテリーなどを気にする人もいるのですが、今では、Suggested Actionsのような機能の注目度が上がってきています。
Suggested Actionsとは、ユーザーの利用状況を把握してくれる機能で、例えば、メッセージの文脈に従って適切な対応を取るにはどうすれば良いのか・・・、このようなことを、Suggested Actionsはサポートしてくれるのです。具体的には、メッセージの文脈を読み取ると、メールに住所が記載されている・・・という状況のため、Google Mapを案内するといったサポートを、Suggested Actionsが行ってくれます。
最近では、AI搭載スマートフォン、アプリなどが増えてきましたが、Suggested Actionsは、標準搭載の機能として導入されるようになっているため、将来的には、検索エンジンのような形で、多くの人が、Suggested Actionsを利用している時代になるかもしれません。”

「Galaxy S10+(SCV42)」はS10と何が違う?

“Samsung(サムスン)のGalaxy S10+(SCV42)は、2019年5月23日発売となっています。
同時にGalaxy S10(SCV41)も発売されるのですが、Galaxy S10+(SCV42)のほうがカメラ性能、ディスプレイの質が良いため、価格についても、Galaxy S10+(SCV42)のほうが高いです。端末価格を確認すると、Galaxy S10+(SCV42)は約12万円、しかしGalaxy S10(SCV41)は約11万円となっているため、1万円ほどの差が発生します。
その他の違いでは、Galaxy S10+(SCV42)はデュアルカメラ、そしてバッテリー容量が4000mAhになっています。ただし、これらの違いは大きな差と言えるほどのものではないため、写真撮影の性能、バッテリーの持ちをあまり気にしない場合は、Galaxy S10(SCV41)を購入しても問題ありません。
画面サイズについても、Galaxy S10+(SCV42)は、Galaxy S10(SCV41)より0.3インチ大きいだけです。”

好きなタイプを選択できる「ZenFone 5」

“SIMフリー端末として有名なスマートフォンには、ZenFone 5のようなスマートフォンもあります。
ZenFone 5の特徴は、台湾メーカーのASUSからリリースされているところでしょう。ZenFone 5の発売日は2018年5月18日となっているのですが、未だに根強い人気を誇るスマートフォンとして有名です。
SIMフリー端末の良さは、価格が安いことなのですが、その代わりSIMフリー端末によって保証内容が違っているため、何も知らずにZenFone 5を購入するのは良くありません。また、ZenFone 5は上位版のタイプとなり、廉価版のタイプはZenFone 5Qとなっているのですが、どちらも格安SIMとして有名です。
ZenFone 5は、上位版のタイプとして動画視聴、SNS、ゲームアプリを楽しめるようになっているため、これらの機能が充実しているスマートフォンが良い場合は、廉価版より上位版のほうが良いでしょう。”