Today is: Wednesday, 14th June 2017
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

指でスクリーンを操作 ソニーが家庭向け投写機

ソニーモバイルコミュニケーションズは4月20日、スマートフォンやタブレットの画面のように、指で触れて操作できるスクリーンを壁や机に投写する世界初の家庭用ポータブルプロジェクター「エクスペリア・タッチ」(税別想定価格、15万円前後)を6月24日に発売すると発表しました。スクリーン操作を通じ、室内で家族や友人が一緒にゲームや音楽演奏などが楽しめる。日常の生活空間の中で新しいコミュニケーションを生み出す画期的な商品として売り出すとのことです。エクスペリア・タッチは米グーグルの基本ソフト「アンドロイド」を搭載。携帯端末向けアプリストア「グーグルプレイ」からお好みのアプリ(応用ソフト)をダウンロードし、ゲームや動画鑑賞が楽しめます。スクリーンは23~80インチの大きさで投写でき、人間が触れる位置を赤外線とイメージセンサーが検知。スクリーン上で絵を描いたり、写し出されたピアノの鍵盤を触って演奏したりすることもできます。遠く離れた家族とも大画面でビデオ通話することも可能となっているのです。約2メートルの範囲内に人間が近づくと、人感センサーが反応して自動的に起動、画面を表示。音声でやりとりする「ボイスアシスタント」機能も搭載し、天気やニュースなどの情報を聞くこともできます。ソニーモバイルコミュニケーションズは昨年11月、スマホを手で操作しなくても、耳に装着して通話やメッセージの送受信、情報検索などができるハンズフリー端末「エクスペリア・イヤー」を発売し、目標を上回る販売実績を挙げているということです。

IIJ、最大毎月50GBのデータ量を追加できるオプションを発表

IIJは、毎月20GB/30GBの高速通信用のデータ量を追加できるオプションサービスを発表しました。インターネットイニシアティブは4月20日、個人向けモバイルサービス「IIJmioモバイルサービス」において、大容量の高速通信が可能な「データオプション」の追加を発表したのです。6月1日から提供開始となります。毎月20GB/30GBの高速通信用データ量を追加できるオプションサービスで、複数のSIMカードでのデータシェアも可能となります。長時間の動画視聴、ゲームや音楽のダウンロード、家族間のデータシェアなどのニーズに応え、より快適なスマートフォン、タブレットの利用環境を実現するということです。「データオプション 20GB」は月額3348円で、「データオプション 30GB」は月額5400円となります。さらに、両オプションを契約すると毎月50GBまでの利用も可能となり、どちらのオプションも余ったデータ量は翌月末まで繰り越せるということです。また、すでにIIJモバイルサービスを利用しているユーザーを対象に3GBのデータ通信量をプレゼントするキャンペーンも実施し、期間は5月1日10時~5月31日23時59分です。これはキャンペーンサイトからも申し込めるとのことです。

一括648円の驚安スマホ「MONO」は買いなのか?

「本体価格は一括で648円」―そんな“驚安”のスマートフォン「MONO MO-01J」をNTTドコモが発売しています。ドコモが直接デザインを手掛けた同社初のオリジナルスマートフォンで、性能や品質にもこだわったというスマホです。実際の使い心地はどうなのでしょうか。MONOは、厚さ8.8mmのボディーに、4.7型HD(720×1280ピクセル)液晶(IPS方式)を採用したAndroid 6.0搭載スマートフォンです。内蔵バッテリーは2440mAh。IPX7/IP5Xの防水防塵(じん)に加え、Bluetooth 4.1、VoLTE、ハイレゾ再生にも対応しています。LTEネットワークは下り最大150Mbps、上り最大50Mbpsとなっています。まず驚いたのがその価格です。SIMロックフリーのいわゆる「格安スマホ」の場合、安くても約1万円台後半が相場なのですが、一方のMONOは一括で648円(税込)と桁違いなのです。安すぎるとも感じるのですが、これはMONOの購入時には端末購入サポートの契約が必須なため。購入から12カ月以内に機種変更すると、解約金として1万5876円(税込)が発生します。つまり一括648円は割引後の実質価格というわけなのですが、店頭で648円を支払えば端末を入手できるお得感は大きいです。ビジネス向けとしても大いに訴求効果があるでしょう。

ウェアラブルの「ガーミン」はGPSマルチスポーツウォッチ

腕に装着するだけで色々なことに役立つのがウェアラブルです。
そのウェアラブルで注目されているのが「ガーミン」の「ForeAthlete35J」というGPSマルチスポーツウォッチです。
このウェアラブルは本体重量が約37gという軽量サイズになっていますので疲れにくいです。
トレーニング機能にはタイム計測、距離計測、ペース・スピード計測、カロリー計測、心拍数計測などがあります。
リアルタイムで正確に計測してディスプレイに表示しますので分かりやすくて便利だと思います。
また、睡眠時間と睡眠中の動きを記録してくれますし、1時間以上動きがない場合には表示で知らせてくれます。
この他にはスマートフォンと連携して音楽の再生や停止などが行えますし、スマートフォンに届いた着信やメッセージを知らせてくれますので、スマートフォンを持っていなくても安心できますね。
知らせてくれるときは音だけではなくバイブレーションでも可能ですので、どんな状況でも気づきやすいと思います。
それに、防水機能が付いていますので雨の時やプールなどでも安心です。
本体サイズは幅約35ミリ、高さ約40ミリ、厚さ約13ミリというコンパクトサイズになっています。
このようなウェアラブルは1度で良いから使用してみたいアイテムと言えますね。

auのタブレット端末「ARROWS Tab FJT21」の特徴

タブレット端末は屋内は勿論のこと、屋外でも使用することができますので様々なシーンで活躍してくれる便利なアイテムと言えます。
そのタブレット端末は様々なメーカーから販売されていますが、auから販売されているものに「ARROWS Tab FJT21」という人気タブレットがあります。
このauのタブレット端末の特徴は9,600mAhの大容量バッテリーを搭載していることです。
電池切れを気にすることなく長時間使用できるので良いですし、友達や家族などの大勢でも安心して使用することができます。
ディスプレイは約10.1インチのフルHDより高精細なWQXGAディスプレイを搭載していますので動画や画像などを美しい画面で楽しむことができるでしょう。
さらに、色彩を鮮やかに映し出す「Super Clear Panel」を採用していますので、鮮やかな色彩で見やすいと思います。
映像だけではなく音でも楽しませてくれます。
フロントステレオスピーカーを搭載していますし、迫力あるサウンドが楽しめる「Dolby Digital Plus」を採用していますので、臨場感溢れるリアルなサウンドを聴いて楽しめると思います。
このようなauのタブレット端末には約808万画素の高画質メインカメラが搭載されていますので、綺麗な写真を撮って残しておくことができて良いですね。

最新スマートフォンの「ZTE Gigabit Phone」の凄さとは?

最新スマートフォン「ZTE Gigabit Phone」は、今までのスマートフォンには凄さがあります。
この最新スマートフォンの凄さとはダウンロード速度にあり、1Gbpsというスマートフォンとしては驚異的な速さを実現させているのです。
その速さはスマートフォンユーザーを楽しませてくれると共に快適に使用させてくれますのですごく魅力的だと思います。
これを可能にしたのはZTEが独自開発した「Pre5G Giga+ MBB」ソリューションとスマートデバイスです。
また、エンターテインメント性の向上も魅力的となっています。
パノラマVRビデオや高速クラウドストレージ、映像の高速キャッシュやウルトラHi-Fi音声などの様々な機能が搭載されています。
それに、アプリのインストールやダウンロードは意外と手間がかかって面倒くさいと思いますが、この最新スマートフォンではその面倒くさいのがありません。
これはアプリのインストールやダウンロードの手間を省くことができる「instant APP」があるからです。
ですので、ストレスを感じることなくダウンロードなどすることができるでしょう。
このような最新スマートフォンは第一世代のLTE端末の約10倍のダウンロード速度を可能にしていますので、1度で良いから体験してみたくなります。

スマートフォンの使い方に注意を

スマートフォンを使用する事でやっぱりネット依存の子が増えてきてしまっています。
中高生なんかは特に依存している方は多いですよね。
最近では、小さいお子さんもネット依存の傾向があるのでそこが怖いなと実感してしまいます。
スマートフォンも子供にとって悪いものというイメージをついつい持ってしまいますよね。
子供にスマートフォンを渡してしまえば、もう依存してしまうものです。
やっぱり面白い動画がたくさんあるのでついつい見てしまいます。
子供にとっては、スマートフォンは悪いばかりではないような所もあったりします。
アプリや動画には勉強になるような事もたくさんあります。
なので、スマートフォンが絶対に悪いものとも言えないような所もあったりします。
しかし、使用するにもやっぱり時間制限などは大事になりそうです。
お母さんなんかも、ついつい子供を見るのが面倒で、スマホに任せてしまいがちですが、こういうのも注意しなくてはいけない部分なのかなと思いますね。
スマホも使い方によっては、子供にとって良い勉強道具になる事だってあるので、絶対に子供に使わせないなんて思わないでいたいものです。
依存させないように注意しなくてはいけません。

スマホ機能も驚きのものが!

スマホの機能と言えばよく使用するのがスマホアプリですよね。
そんなスマホアプリもどんどん進化をしていき、驚きのアプリが続々登場しています。
そんなスマホアプリなのですが、また面白いものを発見することができました。
それは、食品の安全を確かめるアプリです。
こちらはスマホアプリを使って、スキャンをするだけで食品の安全を確かめることができます。
まだ、これから登場するアプリらしいのですが、これから使用したいものですね。
こちらのアプリは、果物に殺虫剤が使用されていないかや化粧品がきちんとしたものなのかを確認できるようになっているようです。
これは色々なものをスキャンしたくなりそうですね。
でも、スマホアプリでここまでできるようになるなんてびっくりです。
スマホアプリがあれば、これからは本当に色々なことができそうだなといった感じですね。
スマホアプリを使って、生活の中でたくさん活かしていけるものを使っていきたいです。
便利なアプリがあるのを知らないのは損をしたような気分になりますね。
これからも、色々なアプリを利用しながら、生活の役に立てれるように使っていければいいです。
スマホアプリは面白いものですね!

auのおすすめスマホ「isai Beat LGV34」はこだわっている

auのおすすめスマホ「isai Beat LGV34」は音質やカメラにこだわっているスマホです。
このauのおすすめスマホには「Quad DAC」を搭載していますのでノイズや歪みを削減させて原音に近い音で聴くことができますし、生演奏のような臨場感溢れる音を楽しむことができます。
また、幅広いハイレゾ音源に対応していますし、接続したイヤホンに合わせて音声出力を自動調整してくれますので、どなたでも納得できる高音質なサウンドを体験することができるでしょう。
カメラへのこだわりは135度のワイド撮影できるカメラを搭載していることです。
このカメラは約1600万画素F1.8標準レンズのメインカメラと約800万画素135度広角レンズカメラの2種類が搭載されています。
明るくて綺麗な写真を撮ることができますし、大人数や広大な風景なども撮影することができます。
こうしたこだわりを持っているスマホのボディサイズは幅約72ミリ、高さ約149ミリ、厚さ約8ミリ、重さ約146gになっていますので持ち運びやすくて握りやすいサイズだと思います。
ディスプレイは約5.2インチTFT液晶を搭載していますし、バッテリーは連続通話約1400分の3000mAhが搭載されています。
このようなauのおすすめスマホにはチタンとゴールドの2色が用意されています。

ビジネススマホ「F-04F」の魅力

F-04Fには背面にスマート指紋センサーが搭載されていて、あらかじめ指紋を登録しておくことで、指をなぞるだけでロック画面を解除したり、指定したアプリの起動時に指紋認証を求めることができるようになっています。ビジネスシーンでスマートフォンを利用するときは、内部の重要なデータをどのように保護するかが鍵となるのですが、指紋を利用することで、利用者に負担をかけることなくセキュリティを確保できるというわけです。また、標準でGoogle Playの利用ができない仕様になっているので、スマートフォンを私的に利用されたり、不正なアプリを勝手にインストールされてしまう心配もなくなっています。このほか、「SECURITY for Biz」や「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」などのNTTドコモのサービスにも対応していて、スマートフォンの遠隔ロックや初期化、カメラ機能のオフといった自社に合わせたカスタマイズも可能となっているのです。業務に使う端末である以上、利用者に一定のルールを守って使ってもらうことが大切ですが、それをあらかじめ管理者側で制御できるようになっていることになります。このほか、VPN接続にも対応しているので、企業でVPN接続を許可している場合は、スマートフォンから社内ネットワークに安全にアクセスすることも可能となっています。
auのアンドロイド タブレット端末はこちら