Today is: Friday, 3rd January 2020
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

スマートフォンの併用サービスは要注意!

“スマートフォンのサービスを確認すると、「本体、通信プラン」だけでなく、「プロバイダ、オプション、周辺機器、同時申込サービス」・・・というふうに、結構な数の併用サービスがあることに気づきます。
このような状況に陥っている時は、「長期割引を利用する」のが最善です。光回線の場合、複数年契約を条件として月々の料金が割引になるプランがありますので、スマートフォンと併せてプロバイダ契約を済ませている場合は、長期割引適用のみでも1万円近くのお金が浮くこともあります。
もしすでに光回線の契約を変えるか検討している場合は、「auひかり、NUROひかり」といった、フレッツ系以外の光接続サービスに切り替えましょう。こちらのサービスの良いところは、プロバイダ基本固定、もしくは数種の中から選ぶという対応で、さらに節約されるところです。
スマートフォンのみでは節約できない・・・、そんな時に役立ってくれますし、申込そのものは、インターネットのみで終えられることが多いです。”

型落ちスマートフォンの代表格「OPPO R15 Neo」

“OPPO R15 Neoは、1万円台というリーズナブルな価格で販売されているスマートフォンです。
型落ちスマートフォンの多くは2万円以上となっているので、OPPO R15 Neoが格安スマホに分類できるのは事実でしょう。しかもOPPO R15 Neoは、メモリ、ストレージともに充実している格安スマホのため、最新モデルと比較して性能差が激しいわけでもありません。
OPPO R15 Neoの特徴ですが、「ディスプレイは6.2インチ」となっているため、人気のワイドディスプレイを実現しています。しかもOPPO R15 Neoは、バッテリー容量4230mAhとなっているので、スタミナ十分の格安スマホとも言えるでしょう。
OPPO R15 Neoのカメラはデュアル仕様なのですが、背面カメラ画素数は1300万画素と200万画素「A.I.ポートレートモード」も搭載しているため、カメラ性能も悪くありません。”

格安SIMのUQモバイル

“格安SIMに分類される会社の中で、学生から良く選ばれている会社というとUQモバイルが該当します。
UQモバイルは、大学生から支持されている会社なのですが、バイト、サークルなどで電話を良く利用するという場合、高確率で選ばれているという実績があります。なぜこれほどの人気なのかというと、UQモバイルは、auのサブブランドに位置づけられている会社だからです。
格安SIMの中には、サービスやキャンペーンが良くない会社もありますので、より安心できる会社が選ばれているわけです。UQモバイルは、無料通話プランを設けているので、通話料金を気にしないで利用できるようになっています。
しかも、UQモバイルには一定の通話時間を無料にするプランがありますので、長時間電話をすることが多い女子大学生からも支持されているのです。月の通話時間では、UQモバイルであれば60分、120分、180分の無料プランを選べますので、高いプラン料金を、意図的に抑えることも難しくありません。”

「Google Pixel 3a」は安くて使いやすい

“Google Pixel 3aが、スマートフォンの最新機種の中でも選ばれている理由は、以下の2点が優れているからとされています。
Google Pixel 3aは、iPhoneを彷彿とさせるようなシンプルなホーム画面で構成されているため、実は、中高年から支持されているスマートフォンとして有名なのです。現に、中高年の男性が選ぶスマートフォンランキングでも、Google Pixel 3aはトップに位置しているほどです。
しかもGoogle Pixel 3aには、「Googleレンズ」というGoogle独自の便利機能も搭載されています。Google Pixel 3aは、docomoであれば月額で約1300円、一括払いでも46000円ほどとなっているので、これからスマートフォンを持ってみたいという人にも、Google Pixel 3aをオススメすることができます。
Google Pixel 3aは、2019年docomo夏モデルの中でも、人気の最新機種となっているのも特徴的です。”

最低利用期間の基礎知識

“スマートフォンの料金プランには最低利用期間があり、こちらは格安スマホであっても同じなので注意してください。
最低利用期間について詳しく触れていくと、格安スマホであっても8000~10000円ほどの契約解除料が発生します。プラン料金についての話を聞いている時、ほとんど細かく触れてくれないので、良く知らずに格安スマホを購入されるケースも少なくありません。
また、このようなことを契約後に知っても、別のキャリアに契約を移行する際は、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)というサービスを利用しないといけません。こちらも手数料が発生するので、新しいキャリアで同じ電話番号を使う際には、2000~3000円ほどを要求されるようになっています。
つまり、契約解除料、MNPの両方を利用しないといけない状態になると、1万円ほどの負担が発生することを、スマートフォン選びでは知っていないといけないのです。これを知らなかったばかりに、気持ちの良いスタートを切れない人は多くいます。”

docomoのスマートフォンの特徴

“今時のスマートフォンというのは、基本的に高解像度、高画質、高音質は当たり前・・・と思われることもありますが、実際は、一部のキャリア、スマートフォンで対応しているだけです。
例えば、三大キャリアには「docomo、au、Softbank」の3社があるのですが、docomoについては高額のスマートフォンが多いので注意が必要です。ですが、今でも売れ続けているモデルが多いのも事実で、その理由は、docomoならではの高音質のスマートフォンが多いからとされています。
docomoのスマートフォンは、「VoLTE(HD+)」という高音質の導入がいち早く決まったという魅力もあり、通話品質の良さ、通話エリアの広さにこだわっている場合は、docomoのスマートフォンを購入されると良いでしょう。しかも今では、耐久性の高いdocomoのスマートフォンが増えているため、スマートフォンをアウトドアで使用することが多い人でも、安心して利用できるようになっています。”

音質もハイスペックな「SONY Xperia XZ1」

“写真撮影を意識して、スマートフォンのハイエンドモデルを選ぶ人が増えてきました。
そんな背景もあり、SONY Xperia XZ1のようなスマートフォンの人気が高いです。SONY Xperia XZ1は、高画素数を誇るスマートフォンとなっているだけでなく、ハイエンドモデルの中でも価格のローコスト化に成功しています。
ハイエンドモデルのスマートフォンで、12万円以上は高い・・・と感じている場合は、SONY Xperia XZ1を選ばれると良いでしょう。SONY Xperia XZ1は、ハイスペックなスマートフォンとなっているため、従来のスマートフォンと比べても処理速度に余裕があります。
そのため、写真撮影以外では動画、ゲームについてもサクサク動くようになっていますし、SONYは世界に誇れる音楽プレーヤーを開発しているので、より音質の良いハイエンドモデルを探している場合も、SONY Xperia XZ1を選ばれるのがベストかと存じます。”

良いところばかりではない?「Google Pixel 3」の性能

“Google Pixel 3の良いところは、「独自技術が多く盛り込まれている」となるのですが、短所もあるので注意してください。
Google Pixel 3は、他のスマートフォンとは違い、OSがカスタマイズされていないピュアなものが採用されています。そのためGoogle Pixel 3は、セキュリティアップデートが「最速で適用されるようになっている」ので、セキュリティが少しでも良いものを選びたい・・・という人ほど、Google Pixel 3を選ぶとされています。
Google Pixel 3は、発売日から「最低3年間のアップデートは保証されている」ので、こちらもGoogle Pixel 3だけの特徴と言えるでしょう。ですが、Google Pixel 3には短所もあり、操作性が短所として挙げられるので注意してください。
Google Pixel 3は、片手モードが利用できるようになっていません。つまり、Google Pixel 3は片手操作が困難なモデルなのです。”

防災アプリ「ポケットシェルター」

“震災、水害など、近年ではこれらの災害に苦労させられることが増えてきました。
そのため今では、防災アプリ「ポケットシェルター」を駆使して、より安全な対応を求める人も増えているのです。ポケットシェルターは、避難行動の支援に特化しているiOS、Androidの両方に対応しているスマートフォンアプリのことです。
ポケットシェルターには、全国の避難関連施設、選定耐震構造物などが18万件分も収録されています。しかもポケットシェルターは、随時更新されているので、信頼できる情報を簡単に見つけることができるのです。
ポケットシェルターの機能を駆使すると、「地震・津波といった警報、注意報」の通知をピックアップできます。他にも、現在いる建物が耐震構造物かどうかも詳しく知ることが可能になっているので、災害時に役立ってくれるスマートフォンアプリとして人気です。
近年では、ポケットシェルターを使って避難所を確認する人も増えてきました。”

「ASUS ZenFone 2」のスペック

“あまりスペック不足に悩まされるスマートフォンを購入したくない人は、ASUS ZenFone 2のようなスマートフォンを購入すると良いでしょう。
ASUS ZenFone 2のSoCは、一般的なARMアーキテクチャーではありません。ASUS ZenFone 2のものは、インテル製プロセッサー「Atom」が導入されています。
そのためASUS ZenFone 2は、「ポケモンGO、Fate Grand Order」といった著名なゲームに対して、動作保証対象外になっている特長があるのです。これからスマートフォンでゲームを楽しみたいという人は、あまりASUS ZenFone 2と相性が良くないでしょう。
しかしASUS ZenFone 2のスペックは高く、重量が170g、CPUがインテル Atom プロセッサー Z3580(4GBモデル、2.3GHz×4)となっています。他にも、RAM容量が2GB、4GBとなっており、ストレージ容量についても32GBと余裕があります。”