Today is: Thursday, 26th May 2016
ログイン

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy.

Subheader: Lorem ipsum dolor sit amet, consectetuer adipiscing elit, sed diam nonummy nibh euismod tincidunt ut laoreet dolore magna aliquam erat volutpat. Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex.

メタルボディースマホ「HUAWEI GR5」

ハードウェア面では背面に指紋センサーを搭載しています。セキュリティーの面でも生体認証の安心感があるとともに、センサーを指で触れるだけでロックが解除出来る使い勝手の良さもGR5の魅力のひとつです。すぐにメールやSNSの返信をしたいときのPIN入力やパスコード入力は煩わしいものです。そういった意味で、この価格帯のスマートフォンに指紋センサーが搭載されていることはコストパフォーマンスが高いといえるでしょう。この指紋センサーはロック解除以外に、カメラのシャッターボタンやホームキーの代わりに使えるなど、カスタマイズメニューで自分の使い勝手のいいように設定変更が可能です。ファーウェイ独自のホームUI「EMUI3.1」を搭載しています。ソフトウェア面では、ファーウェイ独自のホームUI「EMUI3.1」を搭載しています。このホームUIの特徴は、多くのホームUIにあるアプリドロワー画面がないシンプルな画面スタイです。ホーム画面がアプリで溢れてしまわないよう、フォルダーで管理することもできます。もちろん、検索や天気などのウィジェットの設置も可能となっています。Android OSは、5.1.1を搭載していますが、タスク切り替え画面がEMUI3.1独自のものとなっており、ここだけが”今風”のデザインになっていないように感じました。

3GB/月の高速通信を使える格安SIMを比較

多くの格安SIMサービスが2GB/月のプランを3GB/月に増量し、一気に主流のプランとなりつつあります。データ専用SIMなら、月額料金は「900円」というのがいわば基準のようになっています。中には800円代というところもあります。同じような料金でも、各社のサービスをじっくり比べてみると、それぞれプラン内容が微妙に違っていたり、機能が違ったりしてなかなか面白いです。以下に、プラン紹介と合わせて比較のポイントを記載したので参考にしましょう。音声もネットもお得に使える、楽天のSIMカードです。楽天グループのフュージョン・コミュニケーションズが運営するMVNOのモバイル通信サービスです。通話SIM・データSIMの両方があって、選べるプランはそれぞれ、高速通信容量なしで料金を抑えた「ベーシックプラン」を始めとした4種類です。機能的にも有名プロバイダのサービスに比べて遜色無いレベルに仕上がっているのが特徴です。「楽天スーパーポイント」がもらえるなどお得なキャンペーンが充実しているのも魅力ですね。「3.1GBパック」の安さがうれしい。その名の通り高速通信が3.1GB/月まで使える。他社よりもちょっとだけ多いのがポイントです。当初は音声通話SIMしか無かったのですが、2015年3月にデータSIMも追加されたので、メールやLINE等をメインに活用しているなどで090/080の電話番号が不要な方はそちらを選びましょう。通信費をぐっと抑えることができます。

スマホの機能を持った人型ロボットがシャープから発売!

スマートフォンといえば、どんな形を思い浮かべますか?

当然長方形の角が丸まった形ではないでしょうか。

いろいろな会社が様々なスマホを出していますが、大きさや厚みは様々あるものの、形は同じです。

さて、そんなスマホに大きな変化が起こり始めています。今月4月14日シャープが人型ロボットのポケットに入るスマホの発売を発表しました。発売自体は来月だそうですがどのようなロボットなのでしょうか。

まず気になる価格ですが税抜き19万8000円です。すでに予約が受け付けられています。

可愛らしい顔をしたロボットでおでこについたプロエクターで画像も投影できます。

スマホですので、ネット検索やメール、通話もできます。人工知能を搭載していて、持ち主の好みを覚えられます。友達のように会話ができるそうですよ。

世界初ということでかなり注目も集まっています。スマホですので、本体代金の他に月額の基本料金もかかります。

金額的には高いですが、これからこのロボットを足がかに、さらに進化をしていくことを期待しましょう。まずは実際に本物を見てみたいですね。

“スマホ充電で意識しなければならないことBluetooth (ブルートゥース) “

スマートフォンと向き合うことは、スマホ充電と向き合うことです。スマートフォンバッテリーと向き合うこと。そう切実に感じている人たちが多いのではないでしょうか。

スマホ充電対策をしましょう。私達はスマホライフでそのようなことを意識しなければならないのです。

Androidスマホバッテリーを消費する、要因は、三つ考えることが出来ます。バックグラウンドで「不要な通信が行われている」「不要なアプリが起動している」という二つのポイントと、「ディスプレイの輝度・明るさ」画面の抱える問題です。

Androidスマホは、利用する必要のないものは止めるというモチベーションを持たねばならないものらしいのです。

Bluetooth (ブルートゥース)を意識しましょう。Bluetooth (ブルートゥース)は活気的というものの必要ないならBluetooth (ブルートゥース)は切るという姿勢が必要です。アプリ一覧から「設定」を開き、「無線とネットワーク」の「Bluetooth」にチェックが入っているかいないかです。

“スマホおすすめ iPhone Android それ以前に考えるべきこと “

スマホおすすめは、Android? iPhone?やっぱり、スマートフォンは、子供さんももう持っていないと仲間はずれになってしまうかもしれません。

しかし、スマートフォンがここに存在するから、スマートフォンに匿名で書き込みなど出来、相手を誹謗・中傷して、傷をつけてしまうかもしれませんし、傷つけられるかもしれません。

スマートフォンは、コミュニケーションを維持するアイテムかもしれません。しかし、スマートフォンのコミュニケーションとは本当のコミュニケーションでしょうか。過剰なコミュニケーションでもあり、ねじ曲げられたコミュニケーションでもあります。

子供たちは、スマートフォンで、リアル社会では出来ない、差別的発言をつい気軽にしてしまうのです。それは、スマートフォンの世界で、リアル社会の掟が多少解放されて、人間の本能が露出してしまうからかもしれません。スマートフォンを持っていたために、更に悪質ないじめに発展してしまうかもしれません。

http://www.samsung.com/jp/contents/guide/smartphone-battery.html

スマホZenFone Selfie

女の子がもって嬉しいスマートフォンと言えば、ZenFone Selfieのことではないでしょうか。ZenFone Selfieは、大きな特徴はスマートフォンカメラです。アウトカメラと同じ1,300万画素の高解像度インカメラを搭載しています。

iPhone 6sは画面を白く発光させることで、明るく撮影できる「Retina Flash」というものが搭載されていますが、ZenFone Selfieは更に上回り、前面のLEDフラッシュを搭載しています。

黄色と白の光が出、自然な色合いで、自撮りが出来てしまうのです。これは、ひょっとしたら、iPhone 6sも越え出るスマートフォンということになるのかもしれません。

インカメラの画質が悪いイメージをさんざん持っている女の子にも、このようなスマホを持っていただきたいものです。

女性はスペックのことをあまり理解出来ないから(スマホ バッテリーは大事にするけど)、適当でいいやというスマホでは全然ありません。

5.5インチ フルHD(1,920×1,080)403ppi
IPS Corning Gorilla Glass 4、Android 5.0.2 (Lollipop)、Qualcomm Snapdragon 615(1.5GHz×4+1.0GHz×4 64bit)、
RAM 2GB バッテリー容量は3,000mAh。これが、ZenFone Selfieです。

” スマホメモリ個人情報のことまで考えてる? “

スマートフォンを捨てようというとき、スマホメモリを消去!ということも考えてみななければならないことです。

スマートフォンって簡単に自分で処分出来ないものらしいのです。スマートフォンを私達は所有しているから、個人情報の問題をまた一つ多く抱えたことになります。

デスクトップ上のゴミ箱にデータを移したり、ゴミ箱を空にする、パソコンを出荷時の状態に「初期化」するというだけでは、実際には消したつもりのデータがまだ残っている可能性があります。

悪意をもっている第三者は、私達の起こりうるべき油断と言うものもしっかり把握して行動しているものです。

iPhoneスマートフォン・iOS(バージョン:iOS7.0.3)の場合では、設定のアイコンをタップし、「一般」から「リセット」へと、そして、すべてのコンテンツと設定を消去をタップして、設定しているパスコードを入力すればiPhoneのすべてのデータが消去されて、工場出荷時の状態に戻るんですって。

さすがiPhone。iPhoneメモリ。

ケータイ・スマホに潜む問題と危険

音楽プレーヤー近年、インターネットに接続ができる機種が普及しています。これらの機器はスマートフォンと同様に、無料通話アプリやSNSやゲームアプリなどを利用することができるものです。このため、スマホで起きるのと同じ「出会い」や「依存」のトラブルが、起きているのです。なぜ、音楽プレーヤーにインターネット接続機能がついているのかというと、音楽プレーヤー端末から直接インターネットに接続して、音楽ファイルを購入するためです。世の中のデジタル化に伴って、今、音楽は、インターネットから音楽データファイルをダウンロード購入して、端末に保存するなどして視聴するものに変化しているのです。音楽プレーヤーは、携帯電話のように通信契約でインターネットに接続するのではなく、無線LANでインターネットにアクセスします。自宅に無線LANの環境がなくても、駅や図書館、ファーストフード店など公共無線LANの使用できる場所、携帯電話ショップのそば(店舗外)、パスワードをかけるなどのセキュリティ対策をしていない個人の家の近くなど、無線LANの電波が届く環境であれば、インターネットに接続することができます。音楽プレーヤーは、保護者に「音楽を聞くための機器」という認識があるので、気軽に買い与えてしまいがちですですから気をつけたいところです。

初期化をすると、スマホが「買った直後の状態」に戻る。

初期化をすると、スマホが「買った直後の状態」に戻る スマホの初期化とは、スマホ自体を出荷時の状態に戻すことです。つまり、購入後にユーザーが設定したアカウントや、ダウンロードしたアプリ、保存していた写真データなどはすべてリセットされてしまい、購入直後の状態に戻ル状態のことです。こうした初期化によって、スマホに悪影響を与えていたアプリや、侵入したウイルスなどを排除して、動作速度の改善が見込めるのです。また、トラブル時以外にも初期化が有効な場面があります。たとえば、自分の使っていたスマホを人に譲渡する場合です。あらかじめ初期化しておくことで、自分が使っていた時のデータを消せるので、セキュリティ面でも安心と言えるのです。たとえばAndroidでは、「設定」アプリから「バックアップとリセット」→「工場出荷状態に初期化」の流れで簡単に初期化を行えます。スマホが不調になったら「初期化」を試すのもアリです。スマホの大きな魅力は、自分の好みに合わせて機能を拡張できることです。さまざまなアプリをダウンロードして、自分が欲しい機能やゲームなどを楽しむことができます。その一方で、アプリが原因で動作が重くなったり、メールに添付されたファイルをダウンロードしてウイルスに感染したり、といった思いがけないトラブルが起こることもあるのです。

スマートフォンなんて要らない という人たち

こんなにスマートフォンって便利なのにガラケーの人たちって、なぜ依然ガラケーに拘り続けているのでしょうか。実際に、かなりそのような人たちも多いようです。

スマートフォンがいいという人たちは、スマホで、電車の中というスキマの時間を使用して、情報収集することが出来ます。

しかし、ガラケーの人たちは、情報収集の必要性をそれほど感じないともいいます。情報収集とは何かと言えば、あくまでも情報を収集することであり、電車の中で一生懸命情報収集している人たちは、考えることをしてない人たちです。

私達は情報収集して、かつそこから考える必要があるのに、今スマートフォンを所持している人たちは、情報収集するという行為にただ満足している人たちが多いのです。そのような人たちが、スマートフォンで情報収集はやっぱり大事よねなんて言っています。そんな情報は風のようにただ空しく右から左へと流れて行ってしまうような情報なのではないでしょうか。